現状維持バイアス、変化(成長)を拒む根本的理由

今日、同級生で起業している友人と話しをしていました。

内容は、彼のビジネスの現状や今後の展開などについて。

話しを聞く限り、現在抱えている問題はないとのこと。

それはそれで、色々と質問をしてみました。



現状維持は「欲求」

「何かに挑戦はしないのか?」と質問すると、「トラックを購入したい」と言い出しました。

彼の仕事は移動理容で、介護施設などを回っています。

「トラックの荷台を作業スペースにしてビジネスを拡大させたい。

トラックを持っている移動理容は福岡では少ないので、ブランディングにもなる」

熱く語っていたので。

「なぜ、それをやらない?」

と聞きました。

すると「お金の問題」「融資の問題」という課題が出てきました。

現状維持は「慣れ」

創業時は、色んな不安があります。

全く先が見えない状態。試行錯誤を繰返し、なんとか収入の目処が立ってくる。

どうしても、ひと息つきたくなります。

収入も安定し始めると、どうしても居心地が良くなります。

人は慣れてしまいます。

でも、ずっとは続かない

しかし、それはいつまでも続かない。居心地の良さは、急に無くなる前に、どこかで自ら手放すべきなんです。

でも、人は変化を嫌う生き物。

変化し続けることが大事

生物の進化を、人の成長にあわせて見ると不思議とよく似ています。

ダーウィンの言う通りだなと思います。

「変化」と「成長」は同じ意味。

変化に飲み込まれる人、自ら変化する人。

「トラックを買うときは教えてくれ」と伝えて友人と別れました。

あれから3年経ちましたが、まだトラックは買ってないようです(笑)

「痛み」「喜び」マトリクス

変化には痛みが伴います。

現状を維持することで、その「痛み」を避けられます。

ペインピレジャーマトリクス

でも、現状維持にも痛みがあります。

  • 変化する痛みと喜び
  • 現状維持の痛みと喜び

いずれにしても「痛み」が伴うなら、自ら変化、成長した方が、主体的。

コントロールされるより、コントロールした方がものごとは上手くいきそうです。

行動を阻害するもの

ではなぜ、行動に移さないのか?

「漠然」としているからです。

もちろん、ビジネスにおいて言えば、先のことなんて全て不安だらけ、全て漠然としています。

そうではなくて、自分の考えが漠然としているということです。

つまり、自信が湧いてこない。

その為、覚悟、決断ができません。

ではなぜそうなるのか?

それは、その行動や結果を本当に望んでないからです。

心の底から望んでいないからです。

おそらく、「稼ぎたい」ということは心から望んでいると思います。

大事なのは、その理由です。

B!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です