2017/07/19

やりたいことがわからない!が【今すぐ】解決する新しい解釈の仕方。

 
woman-1




この記事を書いている人 - WRITER -

このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。
ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。TRUE MANです。

最初にこれをお伝えします。

この悩みに辿り着いたあなたは”大きく成功する素質”を持っています。

なぜなら人の心を深く理解する能力があるからです。

素質あるよ

あなたは今こう思ってますか?

『会社、上司のやり方、方向性、組織マネジメント、そして職場のアイツら・・・もう疲れた・・・でも、転職、バイト、起業、将来・・・やりたいことがわからない!・・・』

私がかつて今のあなたと同じ場所にいました。

でも安心してください。やりたいことは必ず見つかります。

そして、カタチにしてそれを仕事にして生きていくことも可能です。

私がそれを経験しその方法を記録・体系化してきたから言えます。

そして、それを一冊の本にまとめました。⇒やりたいことを見つける!カタチにする!『46の質問と4つのワーク』

この記事では、その一部をご紹介しています。

「やりたいことが見つからない!」と20年悩み続けてわかったこと

見つけるではなく『育てる』

私は人生3回のバーンナウト(燃え尽き症候群)を経験しました。

  • 18歳:サッカーを辞めて燃えつく。
  • 25歳:自己破産(一歩手前)で燃えつく。
  • 35歳:10年勤めた会社を辞めて燃えつく。

ほぼ「灰」です。^^;(私のプロフィール

詳細は割愛しますが、最初は社会人になる前の高校3年生のサッカーを辞めたとき。『自分からサッカーを取ったら何が残るんだろう?』と本当に分からなくなりとても不安になりました。なので清原選手の気持がちょっとわかる気がするんです。

その後、20代で結婚、離婚、自己破産(一歩手前)と行き当たりばったりの人生。やりたいことを求めて転職も9回。10年続いた最後の職場では会社を良くしようと休みもなく頑張ってきたのですが・・・燃え尽きました。このとき35歳。

そこから本気で自分と向き合い、引きこもること数ヶ月・・・私はやりたいことを見つけます。

そこで気づいたことは”やりたいこと”は既に見つかっていて”育てられなかっただけ”ということです。

そして、それはきっとあなたも同じです(このことを違う角度で語ってる記事。⇒やりたいことは”見つける”という発想では見つからない。)。

「やりたいことがわからない」という人の深層心理

良い人でいたい(嫌われたくない)

これは誰もが大なり小なりあるはず。当然、私もそうです。

  • 言うことを聞く
  • Noといえない
  • 期待に応えようとする
  • 約束は守らないといけない etc・・・

良い人でいると周囲が認めてくれます。

承認されます。

自信が付きます。

そうなると満たされるというか、嬉しいというか、安心というか・・・

でもそれって疲れませんか?

もうムリ

大事なのはWIN-WIN

私の場合は「お客様の為に!」という意識で自分を苦しめていました。

お客様に対して「こうあるべきだ」とか「こうしてあげないといけない」など。「虚の自分」を作り上げ過剰サービスを意識してしまっていたのです。求めらてもいないのに・・・。

 

人間関係の6つのパラダイムをご存知ですか?

以下にあるので確認してみてください。

当時の私の心理はこの中で言うと「Lose-Win」です。自分を犠牲にできるなんて良い人の代表選手のようですが・・・

でもよく考えてください。「Lose-Win」になることで自分は良い人でいられます。

良い人と思われることは嫌われないので安心につながるんです。

でも、この心理を深く見ていくと「自分は頑張っている」と思いたい。もしくは頑張っている自分を周囲にアピールし自分を守っているだけなんです。

結局は自分の為。

ですが、自分もストレスを感じていては結局誰の為にもなっていないという悲しい現実・・・

これがひどくなると周囲も巻き込み「Lose-Lose」の世界に引きずり込まれてしまいます。

 

この6つのパラダイムの中で一番タチが悪いのはどれか?

普通に考えると「Win-Lose」ですよね?

でも本当は「Lose-Win」なんです。

みんなが幸せで一番長続きするのは?

相手を勝たせて自分も勝つこと。つまり「Win-Win」です。

  • Win-Win:自分も勝ち、相手も勝つ。それぞれの当事者が欲しい結果を得ること
  • Win-Lose:自分が勝ち、相手は負ける。相手を蹴落としてなんぼの世界
  • Lose-Win自分が負けて相手が勝つ。相手が幸せになるならば、自分は常に踏み台でかまわない
  • Lose-Lose:相手が負けて自分も負ける。相手に勝たせるくらいなら足を引っ張って共倒れしたほうがマシ
  • Win:自分の勝ちだけを考える。自分が勝てば相手がどうなろうと知ったことではない
  • Win-Win または No Deal:Win-Winの合意、または取引条件に至らなければ、取引しないことに合意する。妥協するくらいなら白紙に戻す

出典:フランクリンプランナー/人間関係の6つのパラダイムhttp://www.franklinplanner.co.jp/index.html

「やりたいことがわからない」がなくなる解釈

実は、やりたいことは何でも良い

「えっ?」

と思ったでしょ?

でも本当です。何でもいいんです。実はやりたいことなんてみんなわかっていません。

いつも楽しそうにやりたいことして生きているなー。と思う人がいたら聞いてみてください。ぼや~っとした答えしか返ってこないはずです。

きっと明確な答えは返ってきません。

なぜなら”やりたいこと”って常に変化するからです。あまり重要ではないんです。

ブッダです

それよりも大事なのは”なりたい自分”。

そして、なりたい自分でいられるなら”やりたいこと”は何でもいいんです。

これが答えです。これが真理です。

なのでまず考えるべきことは、

”なりたい自分”になってさらに、どんな現実を作り上げたいか?ということ。

これが明確になったとします。

そしてさらに、その理想と現実のギャップを埋める方法「こうすれば、こうなる」ということが明確になったとき、そのギャップを埋めるために、あなたはきっとそれに取組まずにはいられなくなります。

その時のあなたに「何やってるの?」と聞くと「やりたいことやってる」と思うはずです。

そういうことなんです。”やりたいこと”は何でもいいんです。

大事なのは”在り方”。

  • 自分がどう在りたいか(なりたいか)
  • どんな自分でいたいか?

です。

やりたいことを見つける方法

どこだぁ~

「やりたいことは育てる」ということもなんとなく分かった。

「なりたい自分になる」ということも分かった。

「在り方が大事」ということもなんとなく分かった。

でも、そのやり方は?

どうすればそこに辿り着ける??

具体的なやり方はワーク付きでこのE-bookに詳しく書いているのでダウンロードして実践してくださいね⇒やりたいことが見つかる!カタチになる!『46の質問と4つのワーク』

ここでは大事なことを2つお伝えします。

自分軸で生きる

俺って逃げてるのか?

いやだー

9回も転職をすると、さすがに焦ってきます。

そして何度も「辞める」ということを繰り返すと、いつの間にか自分を責め始めます。

俺って「負け癖」が付いてるんじゃないか・・・と。

一時期はこの傾向がひどくなり自信を失い。全てをネガティブに捉えていた時期があります。誰と比較しても自分が劣っているように感じるんです。

しかし、それを認めることもできず自分を全力で守ろうとします。人によってやり方は違いますが、他人を攻撃する人もいれば(攻撃することで攻撃を避ける)、自分を攻撃する人も(Lose-Win)・・・

とにかく周囲の目、周囲からの評価が気になり自分の考えではなく他人の意見や考えに軸を置いて生きてるんです。

これは何の解決にもなりません。

守ってはダメなんです。

弱い自分を認めさらけ出すんです。

守ってる状態では”やりたいこと”は掴めません。

最も大事なのは自分軸で生きること。わがままに生きることです。

人は人。自分は自分です。

そもそも自分が劣っているというのは200%思い込み。

しかし一度思い込むと、なかなかその思考から抜け出せません。

でも思い込んだのもあなた。あなた次第でいつでも抜け出せます。

ちょっと解釈の仕方、見方を変えるだけです。

右の絵は有名な「だまし絵」ですね。若い女性と老婆が描かれています。どちらも視界に入っていて見えているんですが認識できない人は見えません。

いくら周囲が「ほら!見えてるじゃん!」と一生懸命教えてあげても本人が気づいて見方を変えなければ一生見えません。見えているのに認識できないのです。

起きている現象はこれと同じなんです。

だまし絵

有名なだまし絵ですね。起きている現象はこれと同じ。

実験する

トライアンドエラーです。

「やりたいことがわからない」というのは一種のエラー。

エラーが起きているということは、あなたはトライしているということ。

一歩ずつですが確実に近づいています。

何もしない人はエラーさえもありません。

おお。飛んだ飛んだ

要は実験です。

『あなた自身』を実験するんです。

成功しても、失敗してもいいんです。どちらの結果も前進しています。大事なのはどちらか一方にしがみつくことなく、どちらの結果も楽しむこと。

小さい頃、夏休みの宿題や図工の時間に何か作ったり絵を描いたりすることありましたよね?

私の場合「できるかな(NHK教育テレビ)」が好きでダンボールやティッシュ箱で「車」とか作ってました。

できあがったら「上手く走るかな~できるかな~」ってワクワクしながら走らせるんです。

上手く走らなければやり直しですが落ち込むことなんてありません。

「こうするとどうだろう・・・」と、失敗しても次のチャレンジが楽しくてワクワクしたものです。

これが”やりたいことを育てる”プロセスです。あなたもできるかな?(下の写真はもちろんオチです)

できるかなじゃねぇ

出典:ボケて(bokete)/http://bokete.jp/odai/6440

まとめ:やりたいことを見つける3つのステップ

  1. なりたい自分になる
  2. なりたい自分で手にしたい現実を描く
  3. 楽しみながら何度も実験する(トライアンドエラー)

難しく考えないでください。ものすごくシンプルです。大事なことは”行動”すること。

そのやり方はここで確認してください。⇒やりたいことが見つかる!カタチになる!『46の質問と4つのワーク』

この記事を書いている人 - WRITER -

このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。
ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!

詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TRUEMAN 最大の資産は自分自身 , 2017 All Rights Reserved.