「心から望む本当にやりたいこと」が見つかる方法。これが見つかると悩みの【9割】が解決する。

      2017/06/09

起業家の為の失敗しないセルフブランディング

 
セルフブランディングってなんだい?

この記事を書いている人 - WRITER -


このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 基本テキトーでいつも面白いことを考えている。ビリーヤードが下手の横好き。一生懸命に生きるあなたの強い見方!

詳しいプロフィールはこちら

TRUE MAN

起業家の為の失敗しないセルフブランディング

セルフブランディングの失敗パターン

間違ったセルフブランディング、パーソナルブランディングをしている人たちがたくさんいます。最近相談を受ける中で、そういった人たちの共通点が見えてきたのですが、どうも『起業塾』等で教わったメディア戦略の際にやってしまっているようです。

セルフブランディングとは、”自分を商品”として世にプロデュースすることです。結構な覚悟が必要です。間違ったやり方をすると、『実際の商品がイメージとあまりにも違った・・・。』というネガティブギャップを与えてしまい、お客様をがっかりさせ、自分自身も傷つけてしまいます。

また、”本来の自分”ではない、”偽りの自分”を作ってしまい、偽りの自分を演じることに疲れ、続けられなくなる。こういうパターンも多いようです。

セルフブランディングは、自分を良く見せるためのものではありません。自分を良く見せることは、ある程度は必要ですが、度が過ぎると修正できない事態に陥ってしまうので注意が必要です。

私がセルフブランディングについてお伝えしたいのは超本質の部分です。いくら”やり方”を学んでも軸がなければ続かないし、成功しないし見透かされてしまいます。

もし、『自分のやりたいことが分からなくなった。』『進む道に迷いが出てきた。』という方は、こちらのやりたいことが見つかる!カタチになる!『46の質問と4つのワーク』で自分の進む道を確かめてくださいね!

 

気をつけてほしいセルフブランディングの失敗例!

  • ネガティブギャップでお客様をがっかりさせる。
  • 本当の自分とのギャップがありすぎて自分で自分を苦しめてしまう。

お気づきかもしれませんが、私の実体験でもあります。経験者は語る。

 

セルフブランディングの目的は?

売らずに売れる状態を作る。

何でもそうですが、目的は大事です。

何のための セルフブランディングか?あなたはどこに目的を置いていますか?

ビジネスの原理原則ですが、商品ができたら次にやることはなんでしょうか?それは、「お客様を作る」ことです。極論ですが、他にやることはありません。

つまり、

大手企業のブランディングでも、個人起業家のセルフブランディングも。ブランド戦略や、イメージブランディング。その他、メディアミックスとかクロスメディアとか。広告や広報、テレビCMやイベントなどを使ったブランド認知活動などなど・・・。

これらの目的は全て、「お客様を作る」こと。つまり集客です。

そして、私たちはこれを「マーケティング」とよんでます。そして、そのマーケティングの中でセルフブランディングの役割は何か?

それは「あなたの人間性を伝える」ことです。シンプルですが、これがセルフブランディングの役割であり定義です。これを構成する要素は色々ありますが、主なものは以下になります。

  • プロフィール
  • キャラクター
  • 写真
  • サイト・ブログのイメージカラー
  • SNSのカバー画像
  • 文章の書き方・表現
  • お客様の声

もっとたくさんありますね。写真の撮り方でも印象は変わってきますし、細かなところで言うと文章の文字のフォントでも印象は変わってきます。ただ、全てにおいてあなたのキャラクターが表現されていることが重要です。難しく考える必要はないのですが、これが簡単ではありません。

あなたのパーソナリティを印象付けることで、消費者はあなたと商品をセットで覚えるようになり競合他社と比較したときのインパクトが違ってきますし、これが共感につながります。

ピーター・ドラッガーも言ってますが、『マーケティングの目的はセールスを不要にすること』です。

セルフブランディング(パーソナルブランディング)はマーケティングの中の一つの役割です。目的は同じ、売り込まなくても売れる状態を作ること。

もちろん一夜にしてそれが出来上がるということはありません。継続することが必須です。

 

セルフブランディングの軸になるもの。

ブレない軸が大事

あなたの想い。

セルフブランディングを構築する上で、大事な要素がふたつあります。一つ目は・・・

嘘、偽りのないあなたの仕事に対する”想い”です。

商品にプラス要素としてあなたのパーソナリティを印象付けるのがセルフブランディングですが、扱っている商品と自分のキャラが違うからといって背伸びをする必要はありません。ここは絶対に無理をしないでください。ありのままの自分を表現してください。自分を偽るといつかバーンナウト(燃え尽きる)してしまいます。

商品とあなたのキャラが違ってもあなたの仕事の”想い”があれば十分です。あなたはなぜ?起業しようと思ったのでしょうか?起業って決して楽な道ではないですよね?でも、あなたはそれを選びました。その理由や想いを自己紹介などには必ず入れてください。自己紹介は結構見られています。あなたの熱い想いを書くだけでもセルフブランディングになりますし、あなた自身も想いを再認識できます。

もし、あなたが”想い”がなくても器用に仕事をこなせるタイプであればいいのですが、もし私と同じように、それが出来ないタイプなら長くは続きません。だから、”やりたいこと”、”好きなこと”で起業することが重要なんです。

”やりたいこと”、”好きなこと”の定義が書いてある記事はこちら⇒『やりたいことは”見つける”という発想では見つからない。』

 

お客様へのコミットメント

ブランドとは色んな解釈がありますが、大事なのはお客様目線での解釈です。

お客様目線とは何か?それは、以下のお客様の頭の中に常にある、ふたつの質問に答えると見えてきます。

  • あなたは何をしてくれるのか?
  • それは私にどんな得があるのか?
  • なぜ?あなたを信用しないといけないのか?

まずは、あなたの商品に置き換えて上記の質問の答えを一つの文章にしてみてください。そして、この3つの答えを約束し、約束したことを守り続けること。この人にこれを頼めば必ず応えてくれる。この人にこの商品は必ずこの価値が得られる。そういう信頼(ブランド)を積み上げていくことです。

その信頼はいずれ「お客様の声」などのフィードバックとして蓄積され、それもまたブランドを構成する重要な役割を果たしてくれます。

大事なのはあなたの想いに裏付けされたお客様へのコミットメントを守り続けることです。それを土台に、あなたの人間性をプロフィールや写真、画像、イメージカラーなどを使って上手に伝え、あなたのブランドを構築していきます。いくら格好が良くても中身がなければブランドは構築されません。逆に格好が少々悪くても軸があり中身があれば、自然と人は惹きつけられるものです。

 

まとめ

セルフブランディング(パーソナルブランディング)とは、あなたの人間性を伝えることです。そのための手段は写真や画像、プロフィール文章だったりします。

しかし、そうした外見よりも重要なのが、あなたの仕事に対する”想い”とお客様への約束(コミットメント)在り方の部分です。まとめると、あなたの仕事の想いとお客様への約束を守り続け、それを、あなたの人間性にのせて、ありのままの自分で発信し続けていくこと。

このシリーズはすごく大事なので、また続きを書こうと思います。また、遊びにきてくださいね^^

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. […] これまた非常に重要な概念で、この記事でご紹介しています。⇒起業家の為の失敗しないセルフブランディング […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です