夢のかけらなくさずに

本気で取組む人限定!セルフプロデュースの手引き(準備編)

WRITER
 
セルフプロデュースの手引き







この記事を書いている人 - WRITER -
このメディアの運営・編集者の SIN です。 僕は35歳の時でしたが、あなたは?
詳しいプロフィールはこちら

あの人、自分をプロデュースするのが上手いよね。っていう人、周囲に一人や二人いますよね。

でも、どうやってるのでしょうか?

そもそもセルフプロデュースって何?

今回、数回にわたって実際にあなたのセルフプロデュースを作るお手伝いをします。

セルフプロデュースが可能にするもの

  • 自信がつく
  • 仕事で成果を出せる
  • 余裕が生まれる
  • 理想と現実のギャップが縮まる

一気にやるのがコツ

成功法則といのは、実はとてもシンプルです。

「成功の秘訣は?」

「成功するまでやり続けること」

と松下幸之助さんも言ってます。

セルフプロデュースもやることはいたってシンプルです。

ただ、楽ではありません。結構タフな作業です。

途中で諦めるのが普通です。

コツは、1日あれば終わるので、一気に終わらせること。

詳しく見ていきましょう。



コントロールするか?されるか?

自分の人生に何を望んでますか?

まずはセルフプロデュースの核となる部分のお話しです。

セルフプロデュースが上手い人は、まず大前提として、

自分の欲望に忠実です。

愛されたい。燃えるような恋をしたい。稼ぎたい。世間に認められたい。楽をしたい、快楽を得たい。

僕らは常に何かしらのがあり、同時に、幸福感、満足感、達成感などの感情も持っています。

 

セルフプロデュースが上手い人は自分がどう在れば幸せなのかが明確です。

その為に、欲望をうまく活用(コントロール)し、感情もコントロールしています。

抑えるときは抑え、開放するときは開放させます。

 

さらに、「これだけは譲れない」という自分軸、芯の強さを持っています。

恋愛やお金など自分の外側(コントロールできないモノ)に、その軸を渡しません。

常に自分に軸があるのでブレません。

セルフプロデュースが上手いなと思う人って皆、芯がしっかりしてるでしょ?

目的がしっかりあるからです。

多くの人は、欲と感情に振り回され、他人に軸を持っていかれブレまくってしまいます(僕もそうです)。

 

しかし、自分軸が無い人にセルフプロデュースはできません。

では、自分軸はどうすれば持てるのか?

自分軸は、自分が自分の人生に(心から)望んでいるものが何か?

というところから生まれます。

まずは、これを明確にすることが全ての始まりです。

自分の人生に望んでいるものを明確にする方法

一人会議(セルフコミュニケーション)

石原さとみさんが、あるインタビューでこんなことを言っています。

 

「初めて長いお休みを頂いて、1カ月間、一人旅に行ったんです。

その前と後で、自分がガラリと変わりました

 

出会いやきっかけもありますが、自分と向き合う時間があってこそです。

みなさんは、自分と向きあっていますか?

自分のことを、客観的に見てみたり。

過去の経験(ツライこと嬉しいこと)を振り返って、いろんな角度で見つめ直してみたり。

色んな出来事を、当事者やその他、色んな立場に立って考えてみたり・・・

セルフコミュニケーションとは、分かりやすく言うと、自問のことです。

自分が変わるとは?

気づきや新たな解釈(見方)

石原さとみさんは、「自分がガラリと変わった」と言っていますが、何が変わったのでしょうか?

僕が思うに、まず前提として自分を変える必要があったはずです。

  • 「自分はどうしたいんだ?」
  • 「自分ってなんだ?」
  • 「自分のやりたいことは本当にこれなのか?」
  • 「自分の進むべきはこれであっているのか?」
  • 「自分ってこんな人間だったかな?」
  • 「何でこんなにストレスばっかり抱えているのだろう・・・」
  • 「自分ってなんだ?自分らしさってなんだ?」

そして、自分と向き合ったんだと思います。

それは、昔の卒業アルバムに写る自分を見る感じに似ています。

遠くから俯瞰して見ると、客観的に自分が見えてきます。

当時は何とも思ってなかったファッションが、いま見ると恥ずかしく思うのは客観的に見えてる証拠です。

そして、

変わってしまっていた自分に気づいた。

本来の自分を思い出した。

だからこそ、

今の自分を受入れられた。

地に足がついた。

握りしめていた価値観。

色んなモノを手放すことができた。

悩みがちっぽけに思えてきた。

忘れていたことを思い出した。

本来の目的を思い出した。

(新たな目的が見つかった)

自分のこと、家族、友人、仕事のこと。

色んな角度で見ることができた。

色んな見方があって、色んな気づきがあった。

そういう感覚なんじゃないかと思います。

 

セルフコミュニケーションには深さがあります。

深ければ深いほど、深い気づきを得られます。

深い気づきとは?

世の中には「気づける人」と「気づけない人」がいます。

その違いは何でしょう?

 

僕は「なぜ?」を何回繰りすか?ではないかと思ってます。

自分の中に潜っていくように。

「なぜ?」という質問を自分に投げかける。

ときには、ということは?と結論に向かってみたり、そしてまた「なぜ?」と自問します。

あの人はなぜそうしたのか?自分はなぜそうしたのか?

どこまで深く潜れるのか?自分の深さはどこまであるのか?

そこに何があるのか?

ステップゼロ:人生の時間を止める

まずは準備です。

これから、自分が自分の人生に望んでいるものを明確にしていく作業をやっていきます。

その為に、人生の時間を止めてください。

人生の時間を止めると言っても、「休日」とは少しニュアンスが違います。

携帯の電源を切って旅に出るぐらいの覚悟が必要です。

お金をかければいいというわけではありませんが、美味しいモノを食べたり、自然の中に身を置き、心も体もリフレッシュさせるのもありです。

少なくとも1日、あるいは一泊。

一回ではなく、時々そうした時間を継続的にとっていく感じです。

要は自分だけの時間を確保することです。

 

実際は簡単じゃないと思います。

病気で仕事を休むのにも気が引けます。

引継ぎや、休み中の仕事を前倒しでやるのも大変です。

旅行なんてとんでもない・・・

分かります。でも、自分の人生です。

休みなく働いていれば、いつの日か会社から生きる目的が辞令でおりてくるわけではありません。

自分を幸せにできるのは自分だけです。

嫌言や多少の文句も言われるかもしれませんが、どっちが大事でしょう。

「休みたいから休みます!」

人生、ときには自分を貫き通す胆力も必要です。

周囲に迷惑をかけても、自分の為に、自分の時間を確保する。

このとき既にセルフプロデュースは始まってます。いや、そうしないと始まりません。

 

とは言いましたが、ブレインダンプをやる時間があれば、休日喫茶店の片隅で時間を取るだけでもOKです。

まずは、自分の中に潜っていきましょう。

ステップ1:究極のToDoリスト

ブレインダンプ(脳のデトックス)

これから作るのは、自分を自分でプロデュースする為の究極のToDoリストです。

このステップが一番の難関ですが、これができれば後は楽です。

早速、これをダウンロードして取り掛かってください。

【やり方】じゃない、【意図】が大事

ブレインダンプは脳のデトックスと言われます。

自分の頭の中にあるものを全部出して、並べて見る作業です。

ブレインダンプをすると、自分という輪郭がはっきりしてきます。

その中に、自分が自分の人生に望んでいるものがあります。

意図が全て

やり方は何でも良いんです(無限大にあるから)。

大事なのは、意図。意図が全て。All need is 意図。

100(意図)×無限大(やり方)=自分が自分の人生に望んでいること

100に無限大をかけるといくらになるかわかりませんが(笑)そういうことです。

意図がまさに、自分が自分の人生に望んでいることです。

確認方法は?

その現実を手にした自分を具体的にイメージし、その状態がしっくりくるかどうか?です。

しっくりくる?

  • 燃えるような恋をすること?
  • 幸せな家庭を持つこと?
  • 富と名誉を手にすること?
  • 美味しいものを食べること?
  • お金持ちになること?
  • 旅行すること?

人とかぶっても違っても、なんでもOKです。

大事なのは、心の底から望んでいるかどうか?です。

最後に

まだちょっとピンと来ないかもしれませんが、究極のToDoリストを作る過程で何となく分かってくると思います。

ステップ3まで行ってセルフプロデュースの作成が終わったとき、勇気を持ってそう生きると覚悟を決められる自分がそこになくても、自分を信じて走り出すことが大事です。

大丈夫、あなたならきっとやれます。

ステップ1を完結できた人だけ次に進んでください。

  • ステップ 2:ゴール決定のやり方(準備中)
  • ステップ 3:セルフプロデュース作成(準備中)

今は準備中ですが、記事にしてないだけで、ちゃんと実践済みのワークが用意してあります。

出来次第、公開しますので更新をいち早く受取たい方は、メルマガで案内しますので、記事下にある「~「じぶんの武器」収益化プロジェクト~」をダウンロードしてください。

メルマガに同時登録されます。

では今回は以上です!

キミの経験と体験が、お金に換わる。

自分の武器収益化プロジェクト

【自分メディア】

【ライティングスキル】

【自分の武器】

まずは【自分の武器】を手に入れよう。

自分の武器

この記事を書いている人 - WRITER -
このメディアの運営・編集者の SIN です。 僕は35歳の時でしたが、あなたは?
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BE HAPPY? , 2019 All Rights Reserved.