2017/11/04

相手に気づいて欲しい!というときの伝え方(アイメッセージ)。

 
girl-1848477_1920




この記事を書いている人 - WRITER -

このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。
ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!

詳しいプロフィールはこちら

アイメッセージって言っても、iphoneのメッセージじゃないですよー

遠慮はいらないぜ

相手のことを思って良い言葉を見繕っても、実は相手には届いてない・・・

でも、なんとか気づいて欲しい・・・

そんなことないですか?

 

言葉の中に遠慮があると、その言葉はオブラートに包まれたまま。全く効き目がありません。

「これを言うと相手が傷つくのではないか?」

それがまさに遠慮です。

気持は分かります。

でももし、相手にとってその気づきが価値あるものなら?

あなたがそう信じるなら、絶対に教えてあげるべきです。

 

ん?でもちょっと考えてみてください。

「これを言うと相手が傷つくのではないか?」

これって・・・

「相手を傷つけてしまった!」

ということで自分を責める(傷つく)ことから自分を守ってるだけ。

ではないですか?

 

その心理って相手のため?自分のため?どっち・・・??

 

これは、友達や職場は当然ですが、親子、兄弟など親族間でもあるはず。

しかし。

遠慮はいらないといってもどうやって伝えれば・・・?

アイメッセージを使う。

私のメンターから教わって私もよく使ってるものがあります。

メッセージには、

  • WE
  • YOU
  • I

の3つがあるそうです。

「WE」は・・・「みんな喜んでたよ!」

「YOU」は・・・「あなたはよく頑張った」

「I」」は・・・「私は感動した!」

こんな感じです。

 

私がよく使うのが「I(アイ)メッセージ」。

相手に気づいて欲しいことや、また、心の理由(心理)をもう少し深く知りたい。

そう思ったときに使っています。

前提になるのは、「これに気づくと相手にとって大きな価値があるんじゃないか?」という部分が見えていること。

 

そして、それを伝えるときのポイントが前フリです。

こんな感じ・・・

TRUE MAN
○○さん。○○について自分が感じたことがあるんですけど、ちょっと言ってもいいですか?

あくまで自分が感じたことなんで主観が入ってると思うし間違ってるかもしれないんですけど、そのときは言ってください。

 

この前フリをすることで、相手は聞く態勢になります。

大事なことは許可をとること。

人って図星的なことを何の前触れもなく急に言われると、後頭部を後ろからいきなり叩かれたみたいな感じになるんです。

「そんなことないよ!」と、ついつい反射的に反応してしまいます。

 

会話の中で前フリをするということは・・・

「今からボールを早い玉でライナーで投げるけど大丈夫かな?ちゃんと受け止められる?身体の前でグローブを構えててね。そこに思いっきり投げるから」

と、今から投げるボールについて伝えておくことです。

相手は構えてくれるので、いきなり言われる場合と比べ格段に言葉をキャッチしてくれる可能性が高まります。

 

そして、前フリしたあとに・・・

 

TRUE MAN
○○さんって、○○のとき○○してますよね?
伝えたい相手
あぁ。言われてみれば・・・確かに
TRUE MAN
それってたぶん○○っていう心理がウラにあるんじゃないかって私は思うんですけど、そう言われてどう思いますか?

これが「I(アイ)メッセージ」の部分になります。「私はこう思う」というあくまで私の主観だけど、間違ってるかもしれないけど。という部分を強調。

そうすることで相手はいつでも否定していいという逃げ道があり、安心して受け入れやすくなります。

伝えたい相手
(えっ?)あー・・・んー・・・まぁ。もしかすると・・・いや、実はさ・・・

 

こうして、相手が心の扉を開いて本音で話してくれることで、お互い深いところでコミュニケーションが可能になります。

あなたの言葉が伝わる可能性は格段に高まります。

 

もし、ぶつかり合っったら?

それでも相手が反射的に反応し傷つき。自分も傷ついてしまった。そんな結果になることもあるかもしれません。

しかし、その行動にはとても大きな意味があります。

 

あなたは相手のことを想って自分が傷つくことを恐れず勇気を持って行動をしました。

これはとても大きな価値があります。

また、その場で相手が「気づき」を見つけられなかったとしても、その言葉は相手の心の中に後々まで残り、セルフコミュニケーションの材料となり、相手にとって大きな気づきを与えることがあります。

相手が傷ついたということはある意味、あなたの言葉は届いた。ということなんです。

いずれにしても、あなたの行動のおかげで、あなたも相手も昨日より確実に前進しているのです。

最後に

これは、私が実際に経験してきたことです。

前提となるのは、お互いの信頼関係があること。

信頼関係がない状態でやっても全く意味ないんです・・・

何より大事なのは日々のコミュニケーションかもしれません!^^

では今回はここまで!

読んでもらいどうもでした!by TRUE MAN

 

この記事を書いている人 - WRITER -

このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。
ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!

詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. […] PS:自分の意見を伝えたい!と思った方はこの記事【相手に気づいて欲しい!というときの伝え方(アイメッセージ)。】が役立つかも! […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TRUEMAN 最大の資産は自分自身 , 2017 All Rights Reserved.