人生、仕事、何もかも前に進まない!ときの原因と行動計画の作り方

やる気はある!

でも、前に進まない・・・

そんなときあなたの中で何が起きているのか?

そして、その対策は?

今回も僕の実体験、参考になれば幸いです。

こちらの記事も読まれています。



原因はひとつじゃない

色んな可能性がある

まず、最初にお伝えしておきたいのは、原因をひとつに絞ろうとしないことです。

壁が目の前に現れたとき、多くの人が原因をひとつに絞ろうとします。

その方が楽だからです。

これだ!という原因が何かひとつでも見つかると気持ちも軽くなります。

それで解決そればいいのですが、それでもダメなときの為にも、

  • 「これが原因じゃないか?」
  • 「いや、これが原因かもしれない・・・」

と、心構えをしておきましょう。

「今」の状況は、今すぐそうなったわけではありません。

そうなるまでの経緯、いくつかの原因が絡み合って「今」に至っています。

じゃあ、逆に前に進む状況とは?

「前に進まない状況」を考える前に「前に進む状況」を考えてみましょう。

迷いもなく前に進む状況とはどんな状況でしょうか?

これ以外ない!という状況

「前に進む状況」とは、進まざるを得ない状況。

つまり、それ以外の選択肢がない状況です。

全ての選択肢がなくなって、「もうこれ以外に選択肢はない!」という状況です。

そこに辿り着くまでに、色んな方法を試し、試行錯誤し、実行、検証、改善を繰り返し、失敗を何度も繰り返し。

全ての選択肢が出尽くし、最後の最後に残った選択肢。

答えを求め行動し続けた先には、必ず何かしらの答えがあります。

そうなると、本当に不思議なんですが、これまでのことが「何だったんだ?」と拍子抜けするぐらいに物事が進み始めます。

迷っているだけ

つまり、「前に進まない状況」は、選択肢が沢山あって、ただ迷っているだけなのかもしれません。

もしそうであれば、対策はひとつ。全てやってみることです。

苦手意識ではないか?

迷いとは不安の表れで、不安は苦手意識からくるものです。

不安から来る苦手意識

「苦手」の対義語は「得意」ですが、得意とする分野で悩むことはないですよね。

むしろ、積極的になります。

しかし、

  • 初めての経験
  • 過去うまくいかなかったこと
  • 知識、情報がないこと

こうなつと、前に進みません。

これは、今までの人生で避けてきたことことが多く現れます。

避けようと思っても乗り越えない限り、今後も同じ壁にぶつかります。

苦手意識とは「やりたくない」だけ?

そもそも、苦手意識ってなんでしょうか?

苦手と思ってはいるけれど、出来ないわけではないんです。

まさに、意識の問題でやろうと思えばできるんです。

実行するための知識がないのであれば、学べばいいだけ。

一度よ~く自分に問いかけてみてください。

もしかすると、苦手というのは言い訳で、本当は「やりたくない」もしくは「怖いだけ」かもしれません。

ここに目を向けることで、根本的な解決に向かいます。

自問の仕方

苦手意識が発動した時、まずじっくり自分を掘り下げることです。

自分を掘り下げるときのポイントは「なぜ?」を繰り返すこと。

「なぜ、これが苦手なのか?これの何が苦手なのか?」

「なぜ?なぜ?なぜ?・・・・・」と。

  • 「これちょっと番苦手だな~」
  • 「これはちょっと自信ないな~」

と思うことから積極的に思い切ってやってしまうんです。

すると、「なんで苦手だったんだろ?」ってなったりするもんです。

やらないことを決める

それは、本当にやるべきことでしょうか?

やらされているだけではないですか?

やること、やらないことをじぶも誰かに決められていませんか?

本当にやるべきことは?

苦手なら、得意な人にゆずるのも良いかもしれません。

思い切ってやらないと決めてみませんか?

そうすると本当にあなたがやるべきことが見えてきます。

自分の強みが生かせる分野だけに集中できます。

前に進まないメリット

現状維持バイアス

自分に素直になってみてください。

もしかすると、前に進まないのは、前に進まない「メリット」があるからかもしれません。

前に進むためには積極的に行動し、失敗を受け入れる必要があります。

その覚悟はできていますか?

表面的には、「何をすればいいかわからない!」「前に進まない!」と言って迷っているようにも見えます。

見方によっては、頑張っているようにも見えます。

しかし、「迷っている余裕がある」

とも言えないでしょうか?

もしかして、今のままがいい?

「悩んでいる」「迷っている」「苦労している」ように周囲に見せることで、都合が良いということはないでしょうか?

最終目的がズレていないか?

そして、もうひとつ意識してほしいのが、「目的は何だ?」ということです。

目的に目を向ける

日々の業務に追われると、目的がズレてしまうことがあります。

目線が下がって足元(現実)に目がいってしまうのです。

目線を上げて遠く(目的)を見ると、足元(現実)が視界に入らず気になりません。

どちらも大事なんですが、やはり目の前で起きている現実(足元)に目がいきがちなんです。

なので、たまに視野を広げて遠く(目的)を見る必要があります。

今一度、あなたが今向かうべき最終目的を確認してみてください。

こちらも読まれています。ご参考に。

では今回は以上です!

B!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です