「なるほど。」WIAMXの併用で通信費まるっと節約

格安スマホ(SIM含む)とWiMAXを併用すれば、通信費は大きく削減できます。

さらに、通信費は固定費なので楽して節約できます。

僕の場合は、13,000円の節約に成功しました。

その方法と手順をお伝えしていきます。



WiMAXと格安スマホで最安値を実現

この方法の最大のポイントは、家のネット(固定回線)をWiMAXにすることです。

通信費を限界まで抑える「WiMAX運用」

WIMAX一本化運用

夫婦二人通信費

毎月23,500円だったのが10,200円まで下がりました。

月々、13,300円の節約です。

一本化前一本化後
4000円
auひかり
3600円
WIMAX2+
1500円
auひかり電話
解約
10,000円(ドコモ)
僕のスマホ
3600円(Ymobaile)
8000円(ドコモ)
妻のスマホ
3000円(DMMモバイル)
合計:23,500円合計:10,200円
マイナス13,300円

「WiMAX運用」の全体像

「持ち運べる」ことの有用性

 

固定回線 WIMAX スマホ
在宅時 使える 使える 使える
外出時 使えない 使える 使える

固定回線は、家の中でしかネットを使うことができませんが、WIMAXは外出時、一緒に持って出られます。

通信契約をWiMAX一本にすれば、一台で家の中でも外でもネットを使うことができます。

その結果、スマホのデータ契約を最も安いプランにすることができます。

WIMAX一本化の全手順

WIMAX一本化して13000円の節約に成功しました。

その手順をご紹介します。

まずはスマホプランを見直し

固定回線をWIMAXに代えて間もなく、ドコモの料金プランを見直し。

外出時でもWIMAXを持ち出せばスマホのギガは不要になります。

なので、一番安いプランにしました。

この見直しが一番節約効果が大きかったです。

これだけで5000円ぐらい浮きます。

固定電話を解約

電話を解約したのは、ミニマリスト(断捨離)的な思考です。

ほとんど使ってなかったので思い切って解約。

1500円の支払いが不要に。

格安スマホへ乗換え

ドコモの更新月。

14年続けたドコモを思い切って解約。

ワイモバイルに。

理由は誰とでも定額(通話が誰とでも完全無料)があるから(仕事で電話を使う為)。

妻も更新月に、端末が安く手に入るキャンペーンを選んでDMMモバイルに乗換え(今は僕と同じワイモバイルで500円割引)。

これによって二人あわせて3000円ほど節約できました。

格安スマホに変える際、最も気がかりだったのはキャリアメール。

@docomo.ne.jpが使えないことに抵抗がありましたが、これを機にキャリアメールを使わないよう決めました(キャリアメールはいずれ無くなるでしょう)。

今は、妻も私もLINEとGmailのみ(なんの不便もない)。

格安スマホも一番安いプランで、通信はWIMAXでつなげていて速度も不満はありません。

今ではワイモバイルの誰とでも定額のオプションも外しその分(1000円/月)浮いてます。

こうして徐々に、ネット代、携帯代、通信費を見直し、最終的に1年越しぐらいに13,000円の大きな節約に成功しました。

固定回線をWiMAXにして問題はないか?

確かに、料金は安くなりますが、WIMAXも格安スマホも通信品質(安定性・速度)は大丈夫か疑問が残ります。

WIMAXは無料お試しができる

WIMAXは無料で試す方法がたくさんあります。

こちらで詳しく解説してます。

WiMAXは固定回線の代わりになる

あくまで僕の場合ですが、僕は固定回線をやめてWiMAX一本にしてもうすぐ7年目になります。

ピンポイントエリア判定

事前に通信エリアを確認

試したいと思った方は、事前に通信環境をチェックする方法があります。

それが、ピンポイントエリア判定です。

ピンポイントエリア判定を行うとお住まいに地域の通信環境を、「〇」「✕」「△」の三段階の判定をしてくれます。

ちなみに僕の家は「△」でしたが、まったく問題なく使えています。

以下の記事で解説していますので、今すぐチェックしてください。

WiMAXにしない方が良い人

WiMAXの口コミ・評価

以下の記事に、WiMAXにしない方が良い人や、その判断基準についてまとめてみました。

WiMAXおすすめプロバイダ

WIMAX初めての人は、何をどう比較していいか分からないと思います。

WIMAXは、似たり寄ったりのキャンペーンがたくさんあるので、比較の際とても混乱します。

以下の記事で、その調べ方と、WIMAXを初めて契約する人にとって「今」一番お得なプロバイダを調べたその結果をご案内してます。

格安スマホは問題ないか?

auとソフトバンクのサブブランドと言われる「UQモバイル」「ワイモバイル」は自前のアンテナを持っており。

速度も他の格安スマホと比べて安定しています。

端末キャンペーンが最も重要

会社はバラバラでも端末キャンペーン重視

わが家の場合、最安値を重視した結果、契約する携帯会社はバラバラになりました。

最大の理由は端末キャンペーンです。

キャンペーンの中でも端末キャンペーンがも最も重要です。

キャンペーンは大きく3つあります。

  • 端末のキャンペーン
  • 月額料金割引キャンペーン
  • キャッシュバック

キャンペーンの賢い活用方法はこの記事を参考にしてください。

失敗しない為の事前準備

格安スマホ選びでもうひとつ大事なのは今の使用状況を調べることです。

具体的には、以下の3つを調べます。

  1. 月にどのぐらい通話しているのか?
  2. 月にどのぐらいデータを使っているか?
  3. 端末は今のを使うか?新たに買うか?中古を買うか?

以下の記事で、解説とともに具体的な見直し手順を解説しているので参考にしてください。

 

格安スマホのデメリット

現在、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかで契約している方は、注意点をまとめているので以下の記事をチェックしてください。

 

 

B!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です