3つの質問で分かる「自分の武器」

経験と体験をお金に換える。自分の武器収益化プロジェクト。

無料ダウンロード

スマホ保険・ケータイ補償12社の比較|落し穴とメリット・デメリット総まとめ

ケータイ補償サービス通信費

現在、最安値は、「Mysuranceスマホ保険ライトプラン」の月額200円ですが、補償内容はずいぶんかたよりがあります。

今回、以下の3パターンで比較調査しました。

  • iPhoneユーザーにおすすめのスマホ保険
  • Androidユーザーにおすすめのスマホ保険
  • 携行品含め複数台おまとめ補償におすすめのスマホ保険
スポンサーリンク

スマホ保険不要論は本当?

キャリアで修理すると高額ですが、町のスマホ屋さん(iPhone専門修理【あいさぽ】など)だと安く修理できます。

なので、スマホ保険は不要と思う人も多いです。実際、シミュレーシしてみるとその通りでした。

記事後部「修理だけならスマホ保険は不要だとよく分かるシミュレーション」を参照ください。

じゃ、入るメリットはないのでしょうか?

確かに修理だけなら、不要かもしれません。

しかし、修理ができない状態、盗難、紛失、全損(水没)時にスマホ保険は必要なんです。

スマホ保険、月額料金ランキング

まずは、月額料金を見てみましょう。200円~1190円とずいぶん開きがあります。

金額の差は何なのか?

表内のiPhoneはiPhoneXの料金です。
順位月額会社名
1位200円Mysuranceスマホ保険
ライトプラン
2位300円セゾンカード
Super Value Plus
3位380円UQmobiel
4位400円モバイル補償
シンプルコース
5位402円
(4,830/年)
JA共済
6位450円/30日YAMAPアイテムほけん
7位470円Mysuranceスマホ保険
スタンダードプラン
8位500円ドコモケータイ補償
(Android端末)
9位600円モバイル補償
スタンダードコース
10位630円au故障紛失サポート
11位650円softbank
あんしん保証パックプラス
12位690円Y!mobile
13位700円モバイル保険
14位800円モバイル補償
プレミアムコース
15位851円ジャストインケース
16位22,800円一括AppleCare+ for iPhone
17位1000円ドコモケータイ補償
(iPhone)
18位24,800円一括AppleCare+
盗難・紛失プラン
19位1,190円softbank
あんしん保証パック
with AppleCare Services
19位1,190円AppleCare+
& au端末サポート

スマホ保険のポイント「キャリア系」と「損保系」

スマホ保険は、Appleやドコモが補償する「キャリア系」と、損害保険会社や少額短期保険が補償する「損保系」に分かれます。

キャリア系と損保系の違い

キャリア系は交換してくるんだ

そう、主な違いは「交換」の有無。

  • キャリア系=「交換」と「補償」
  • 損保系=「補償」のみ
キャリア系と損保系の主な違い
メリットデメリット
キャリア系交換できる(同一機種)

紛失も保証

月額料金が高い
損保系月額料金が安い交換できない(時価で補償)

紛失対象外

「交換」とは?

有料でしかも結構、高額だね

例えば、iPhone Xの場合、12,900円かかります。

Android端末でも、このぐらいかかります(ドコモ公式HPより)

スマートフォン、タブレットをご利用の方
月額500円コースの場合7,500円
月額750円コースの場合11,000円
月額1,000円コースの場合11,000円

保険料払ってるのにお金とるの?

そう、取るんです(-_-;)

新たに購入するより安いですけどね。

「だったら損保系でいいや」ってなりそうですが、ここには落し穴があります。

「交換」できない場合の問題点

支払が二重ってなんで!?

交換ができないことで、見落としがちな大問題。

それは、端末の支払いが二重になることです。

これは、端末を分割購入している人が、盗難、紛失、修理不能になった場合に起こります。

Q:携帯電話を盗難・紛失した場合、毎月支払っている携帯電話の機種代金はどうなりますか?
A:分割支払の残金がある場合は継続してお支払いいただきます。

ソフトバンク よくあるご質問(FAQ)

分割残金が残っていると、端末の支払いが二重になります。

これは、どのキャリアも同じです。

修理で済めば問題ないのですが、修理ができない場合(盗難・紛失・全損(水没/修理不能))は、新たに端末を購入しなければいけません。

分割残金は残り、「新たな端末の支払い」が発生します。

二重支払でも「損保系」の方が安い?

「交換料金+月額料金」出費合計で比較すると、なるほど確かに

修理ができない場合(盗難・全損(水没/修理不能))、新たな機種代の出費はありますが、購入価格の50%を上限に保険金が出ます。

キャリア系の「交換」は、交換と言っても有料なので、月額料金を含めた出費の合計は「損保系」の方が安くなります。

【キャリア系(月額料金+交換料金)】【損保系(月額料金+機種代)】
記事後部「二重支払でも「損保系」が安いシミュレーション」でご確認ください。

補償範囲で比較

各社、盗難、紛失、全損(水没)時の補償を、改めて確認しましょう。

【警察に盗難届を】
盗難・紛失したときは、警察に盗難届・遺失届を出さないと補償は受理されません(キャリア系、損保系とも同じ)。

iPhone

プラン名AppleCare+
盗難・紛失プラン
AppleCare+
for iPhone
ドコモ
ケータイ補償
Y!mobileUQmobileジャストインケースMysuranceスマホ保険
スタンダードプラン
Mysuranceスマホ保険
ライトプラン
セゾンカード
Super Value Plus
モバイル保険JA共済YAMAP
アイテムほけん
モバイル補償
修理(水濡れ)
盗難×××
紛失×××××××
全損(水没)×

Android端末

プラン名au故障紛失サポートsoftbank
あんしん保証
パックプラス
ドコモ
ケータイ補償
Y!mobileUQmobileMysuranceスマホ保険
スタンダードプラン
Mysuranceスマホ保険
ライトプラン
セゾンカード
Super Value Plus
モバイル保険JA共済YAMAP
アイテムほけん
モバイル補償
シンプルコース
修理(水濡れ)
盗難××
紛失××××××
全損(水没)×

キャリア系がおすすめな人

紛失が心配な人

よくモノを無くす人は紛失補償がない「損保系」はおすすめしません。

紛失時でも交換可能な「キャリア系」がおすすめです。

損保系がおすすめな人

コスト優先な人

スマホは無くしたことがないなど管理ができる人。

ムダな保険料は払いたくないという人は、「損保系」がおすすめです。

iPhoneユーザーにおすすめのスマホ保険

ここから、以下の質問に答えながら、さらに絞り込んでいきましょう。

修理補償だけあればいい?

YES

【YES】

  • Mysuranceスマホ保険・ライトプラン
  • セゾンカードSuper Value Plus

修理だけでいいという人は加入しなくてもいいかもしれません。
仮に入るとしたら最安値の上記2社どちらかでいいでしょう。

NO

紛失の補償は必要?

YES

【YES】

  • 契約中のキャリアで加入

iPhoneは高額なのでキャリア系おすすめですが、キャリア系が高いと感じるなら

  • ジャストインケース
  • Mysuranceスマホ保険・スタンダードプラン

という選択肢もあり。上記2社は損保系ですが紛失補償があります。

NO

ノートPCやポケットWiFiなど携行品をまとめて複数台補償して欲しい?

YES

【YES】

  • セゾンカードSuper Value Plus

月額300円でスマホはもちろん携行品など複数台まとめて補償してくれます。盗難も対象です。コスパNo1おすすめです。

NO

Androidユーザーにおすすめ

Androidユーザーの選択肢を絞り込んでいきましょう。

スマホ保険は修理補償だけあればいい?

YES

【YES】

  • Mysuranceスマホ保険・ライトプラン
  • セゾンカードSuper Value Plus

修理だけでいいという人は加入しなくてもいいかもしれません。
仮に入るとしたら最安値の上記2社どちらかでいいでしょう。

NO

紛失の補償は必要?

YES

【YES】

  • 契約中のキャリアで加入
  • ジャストインケース
  • Mysuranceスマホ保険・スタンダードプラン

Android端末はiPhoneと比べ安いので、損保系がおすすめです。

NO

ノートPCやポケットWiFiなど携行品をまとめて複数台補償して欲しい?

YES

【YES】

  • セゾンカードSuper Value Plus

月額300円でスマホはもちろん携行品など複数台まとめて補償してくれます。盗難も対象です。コスパNo1おすすめです。

NO

iPhoneユーザーもAndroidユーザーも、似たような結論になりました。
まとめると以下のことが言えます。

  • 補償重視の人
    契約中のキャリアで加入がおすすめ。
  • コスト重視の人
    紛失もカバーして欲しいけど安く抑えたいという人は、ジャストインケースかMysuranceスマホ保険・スタンダードプランがおすすめ。
  • 補償とコストのバランス
    コスパNo1で携行品など複数台まとめて補償されるセゾンカード付帯のSuper Value Plusがおすすめ。
  • 携行品含め複数台まとめて補償したい人
    セゾンカード付帯のSuper Value Plus一択です。
「Mysuranceスマホ保険」は格安SIM(スマホ)ユーザーのみ対象の保険です。

スマホ保険を5段階評価

以下の採点で5段階評価してみました。

採点項目点数
月額料金500円以下1点/300円以下2点/その他0点
交換ありあり2点/なし0点
複数台OKOK1点/NG0点
盗難ありあり1点/なし0点
紛失ありあり2点/なし0点
携行品ありあり1点/なし0点
iPhone(高評価順)
プランセゾンカード
Super Value Plus
AppleCare+
盗難・紛失プラン
AppleCare+
& au端末サポート
softbank
あんしん保証パック
with AppleCareServices
ドコモ
ケータイ補償
Y!mobileUQmobileJA共済YAMAP
アイテムほけん
Mysurance
スマホ保険
スタンダードプラン
ジャストインケースAppleCare
+for iPhone
モバイル保険モバイル補償
シンプルコース
5段階評価
月額料金300円24,800円
/一括
1,190円
(iPhoneX)
1,190円
(iPhoneX)
1000円
(iPhoneX)
690円380円4830/年450円470円851円
(iPhoneX)
22,800円
/一括
700円400円
交換×××××××
盗難購入価格の半額1万円補填購入価格の半額購入価格の半額購入価格の半額修理上限の半額×最大2.5万円×
紛失×1万円補填××購入価格の半額修理上限の半額×××
複数台××××××××××
携行品×××××××××××
Android端末(高評価順)
セゾンカード
Super Value Plus
au故障紛失サポートsoftbank
あんしん保証パックプラス
ドコモ
ケータイ補償
YmobileUQmobileJA共済YAMAP
アイテムほけん
Mysuranceスマホ保険
スタンダードプラン
モバイル保険モバイル補償
シンプルコース
5段階評価
月額料金300円630円650円500円
(Xperia10)
690円380円4830/年450円470円700円400円
交換××××××
盗難購入価格の半額1万円補填購入価格の半額購入価格の半額購入価格の半額最大2.5万円×
紛失×1万円補填××購入価格の半額××
複数台×××××××
携行品××××××××

スマホ保険おすすめランキング

5段階評価も含め総合的なランキングです。

1位!セゾンカード Super Value Plus お買物安心プラン 充実コース[Y]

月々300円で幅広い補償!
特に携行品含め複数台まとめて補償したい人におすすめ!
【注意点】
紛失補償がない点にご注意を。
【主な補償内容】
補償期間:1年更新
補償額:年間10万円を上限
補償範囲:外出中の携行品の破損・水濡れ・全損・盗難を補償
自己負担額:1000円
盗難/紛失:購入価格の半額

2位!各キャリアのスマホ補償

盗難はもちろん紛失もカバー!
一番の魅力は、盗難・紛失時に交換サービスがあること!
【注意点】
月額料金が高いので賛否あり。
・AppleCare+盗難・紛失プラン
・AppleCare+& au端末サポート
・softbankあんしん保証パックwith AppleCareServices
・ドコモケータイ補償
・Y!mobile
・UQmobile
etc
【主な補償内容】
・修理等:数千円程度
・盗難/紛失:7000円~13000円程度で同一機種と交換

3位!Mysurance スマホ保険 スタンダードプラン

月額470円で紛失もカバー!
スマホだけ安く補償したいという人に最もおすすめです!
【注意】
月額200円のライトプランは修理のみ。
加入できるのは格安SIM(スマホ)ユーザーのみ。
【主な補償内容】
・修理等:10万円まで
・盗難/紛失:購入価格の半額
・自己負担:3000円

セゾンカード Super Value Plusの注意点

お買物安心プラン 充実コース[Y](300円)でお申込ください。

お買物安心プラン 基本コース[A]は、カード購入したものだけが補償対象です。

また、サービス対象外のセゾンカードがあります。

自分のカードが対象かどうか事前に確認してみてください。

保険デスク

0120-89-2099(10:00~18:00 土・日・祝日、年末年始休み)

キャリア系保証の注意点

「修理期間」に注意

販売から3年以上経過している端末は修理対象外の可能性があります。

修理サポート期間が過ぎると修理してもらえません。部品の生産終了などが関係しているようです。

加入する前に、端末が対象期間を過ぎていないか各キャリア公式HPで確認しましょう。

AppleCare+の注意点

「交換機価額」に注意!

AppleCare+ for iPhoneの場合、水濡れは修理対象外となり交換になるようです。

その際、「壊滅的な損傷」となってしまうと、かなり高額な交換機価額になるので注意が必要です。

お客様の iPhone に壊滅的な損傷不正改造による機能障害がある場合は、下記の交換機価額をご請求させていただきます。

iPhone エクスプレス交換サービス
iPhone Xの場合の交換機価額
iPhone X64 GB101,800円
256 GB118,800円

他モデルの交換機価格はこちら。

知らずに町のスマホ屋さんで修理をしてしまうと「不正改造」とみなされます。

iPhoneを探すを有効に!

AppleCare+ 盗難・紛失プランは、「iPhone を探す」を有効にしておかないと保証が受けられません。

盗難や紛失に対するサービスを受ける条件として、紛失時または盗難時にお客様のデバイスの「iPhone を探す」が有効になっていた必要があります。

また、請求手続きの全期間を通して、「iPhone を探す」を有効にしておくこと、および当該デバイスをお客様の Apple ID と関連付けておくことが求められます。

AppleCare+ 盗難・紛失プラン

UQ mobileの注意点

盗難、紛失は交換ではなく1万円補填

公式HPに以下の記載があります。交換ではないので、ご注意ください。

端末が盗難・紛失した
際の補償
盗難・紛失10,000円補填
UQmobile端末購入代金から1万円補填します。

出典 https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/option/hosyou/

ジャストインケースの注意点

ジャストインケースは、交換サービスがありません。

キャリアの月額料金と比較してもそこまで大きな差がないので、キャリアで加入した方が安心かもしれません。

また、Android端末の場合、補償が5万円とちょっと少ないです(他社のほとんどが10万円)。

ジャストインケース料金

2019年11月時点の内容です。最新情報は公式HPでご確認を。

iPhone 11 Pro MaxiPhone 11 ProiPhone 11iPhone XRiPhoneXS MaxiPhone XSiPhone XiPhone 8 PlusiPhone 8iPhone 7 PlusiPhone 7iPhone 6s PlusiPhone 6siPhone 6 PlusiPhone 6iPhone 5SiPhone SE
自己負担3500円916円815円587円632円959円858円851円622円556円605円540円512円456円498円364円356円356円
自己負担なし1028円927円699円744円1,070円970円963円733円688円717円652円624円568円610円475円467円467円
修理上限135,800円122,800円90,800円101,800円141,800円129,800円129,800円106,800円95,800円107,800円94,800円83,800円72,800円83,800円49,800円49,800円49,800円
Android端末
自己負担3500円259円
自己負担なし337円
修理上限50,000円

修理不能って補償されるの?

修理不能状態とは?

水没

修理可能な水没(水濡れ)と修理不能な水没があります。修理可能かどうかは水濡れシールで判定されるようです。

全損

全損かどうかは、修理出して判定されます。

改造

町のスマホ屋さんに出した端末は改造とみなされ、修理不能として扱われます。

下の画像は、ドコモの公式HPに記載されている修理が難しい場合の例です。

修理不能とは?

出典 https://www.nttdocomo.co.jp/support/repair_service/

修理不能時の各社対応

キャリア系損保系
修理不能時同一機種と交換購入価格の半額まで
修理上限の半額まで
など

一応、どんな状態でも交換可能かどうか、auに電話して確認をとってみました。

【故障紛失サポートセンター】
Q:「粉々になって修理不能でも交換サービスは受けられますか?」
A:「破片が一部あれば交換できます」
破片があれば交換できるというのは安心ですね。

損保系の注意点「購入価格の半額(50%)」

盗難、紛失、全損(水没/修理不能)を「購入価格の半額(50%)」と表現してきました。

すこし曖昧なので解説しておきます。

セゾンカード Super Value Plus のケースです。会社によって若干違いますがだいたい同じのようです。ご参考までに。

時価とは?購入してからの年数で決まる

「時価」とはいくらなのか?

セゾンカードの Super Value Plus のカスタマーに問い合わせて確認しました。

すると、最大で購入金額の半額までを時価で補償とのこと。

詳しく聞くと・・・

購入してからの年数で補償額が変化するとのこと、表にするとこんな感じです。

修理不能(全損)の補償額
購入~半年購入額の95%まで補償
半年~1年80%
1年~2年70%
2年~3年60%
3年~50%

最大下がったとしても購入金額の50%まで補償されます。

二重支払でも「損保系」が安いシミュレーション

前述した、この件の検証シミュレーションです。

僕が使っている端末(購入後2年10ヶ月)で、購入3年後に全損、修理不能というシミュレーションでやってみます。

  • android one S2 価格:44,064円
  • 24回払い 1,836円/月
  • スマホ保険:セゾンカードのSuper Value Plus 月額300円

3年後に全損!修理不能!

スマホ保険からの保険金:21,032円

【保険金の内訳】
3年経過後の補償額=(購入額44,064円×50%)-(免責額1000円)=21,032円

android one X5(41,554円)を20,552円で購入

【上記の内訳】
20,552円=(android one X5 価格:41,554円)-(21,032円:保険金)
結果、約20,000円で新機種を購入というシミュレーション結果です。

この結果を、キャリア系と比較してみます。

android one S2 はワイモバイルの端末なので、ワイモバイルの「交換サービス」と比較しました。

交換サービスは同じ機種にしか交換できません。

android one S2 の交換料金は7500円です。

これに、3年間の保険料を含めて比較してみます。

セゾン Super Value PlusY!mobile
機種代20,552円7500円
機種最新機種今と同じ
保険料10,800円(300円×36ヶ月)24,840円(690円×36ヶ月)
合計31,352円32,340円
結果、月額料金が高い分、手出しが多くても大差なく、二重支払でも「損保系」が安いことが証明できました。

50%の補償でもなんとかなるその他の理由

上記のシミュレーションは、端末の分割残金がないパターンですが、僕は、色々考えてセゾンカードの Super Value Plusにしています。

分割残金があったとしても、これでいいなと思ったのは他にもこんな理由があります。

  • 分割残金が無くなるまで以前使ってた端末でしのぐ
  • 分割残金が無くなるまで中古品・アウトレットを買ってしのぐ
  • 端末一括5円キャンペーンなどを利用して他社へ乗換え

実際60%は補償される

さらに、これもあくまで僕の場合ですが、だいたいこれまで2年~3年で機種変しています。

ちなみに、機種変(端末寿命)の平均期間を調べるとこんな感じでした。

  • iPhone:3年
  • Android:2年~5年ぐらい

先ほどの「時価の年数表」に当てはめると、購入額の60%は補償されます。

60%であれば、キャリア系の「交換サービス」と同等補償です。

壊したことも無くしたこともないし、これらを考えると損保系で何とかなる。
何より複数台まとめて補償したいという僕のニーズに、セゾンカードの Super Value Plusはぴったりはまりました。

修理だけならスマホ保険は不要だとよく分かるシミュレーション

補償に入った方が高つく??

AppleCare+ for iPhone に加入。パネル交換したケースです。

修理だけだと、なんと、AppleCare+ for iPhone に加入した方が、月額料金込みの合計出費でみると高くなります。

端末:iPhone XS を36回分割で購入

端末代3,454円(36回):合計124,334円

補償:AppleCare+ for iPhoneに加入

一括のみ:22,800円

12ヶ月後に落として破損!

パネル交換:24,800円

補償ありの場合補償なしの場合
出費合計26,200円24,800円
内訳保険料と最低限3,400円の修理費用がかかる。

  • 修理代:3,400円
  • 月額料金:22,800円
補償なしの場合、修理費用のみ。

  • 修理代:24,800円
修理費用はiPhone専門修理【あいさぽ】パネル交換の修理費用を参考にしてます。

図解

AppleCare+ for iPhoneを使った場合

盗難・紛失時にスマホ保険は必要だとよく分かるシミュレーション

「交換サービス」は盗難・紛失時に力を発揮

AppleCare+ 盗難・紛失プランに加入し、iPhoneを紛失したケースです。

紛失、盗難した端末の支払いは残るシミュレーションです。

端末:iPhone XS を36回分割で購入

端末代3,454円(36回):合計124,334円

保証:AppleCare+ 盗難・紛失プランに加入

一括のみ:24,800円

12ヶ月後に紛失!

紛失は当然、修理不可能!

交換ありの場合交換なしの場合
出費合計36,600円207,230円
内訳交換サービスを使って、同じ端末と交換。

  • 交換:11,800円
  • 保険料:24,800円
盗難・紛失した端末の支払いは消えず重複します。

  • 端末代:124,334円
  • 分割残金:82,896円(3,454円×24ヶ月)
交換サービスであれば、支払いが重複しません。

図解

AppleCare+ 盗難・紛失プランを使った場合

今回は以上です!

コメント