自分年金の作り方|ほったらかし運用3年8ヶ月の結果

自分年金のポートフォリオの中におすすめの商品です。

この商品は、僕自身もやっています。

3年8か月で209万円

何もせず、ほったらかしで1.4倍のプラス209万円、年利20% という結果に。

銀行のお金を動かしただけ

Aさんにやってもらったことは、ひとつだけです。

銀行で眠っているお金を、運用商品に預け替えただけ。

「特に使う目的のないお金が銀行にあって、銀行に置いていてももったいない気がする。」

こういう人は増えています。

そういう方は、預ける場所を変えるだけでOKです。

投資スタート2014年11月

「これなら安全そうですね」

Aさんが加入したのはおよそ4年前。

この商品は、高いパフォーマンスを安定的に出していました。

商品プロフィール

  • 運用開始:1999年
  • ベンチマーク:MSCIワールドインデックス
  • 利回り:11%(過去15年間の平均利回り)

2015年3月(4ヶ月後)プラス10%

500万円が550万円

それが、翌年の2015年3月には、550万円ほどになっていました。

スタートした2014年11月頃は、原油安をきっかけにロシアが打撃を受けユーロ圏経済が若干冷え込み、世界経済に影響が出て市場が下落していたころでした。

このとき、Aさんが増えた分を引き出したいとのことでしたが、保留になりました。

2015年4月(半年後)プラス14%

500万円が570万円

その後、加入からおよそ半年。再度引き出したいということで、確認してみると570万円に。

2018年7月(3年8ヶ月)

マイナスになることも

Aさんの運用結果をグラフにしてみました。2017年2月からのグラフです。

一度は、プラス100万円までになった資産も、53,884円まで下がっています。

短期的に見ればマイナスになることも当然あります。

こうしたマイナスを経験することは、自分でやっていても、そうでなくても投資を行う上でとても大事な経験です。

ほったらかし

この商品の運用スタンスとして僕がアドバイスしたのは、

「ほったらかしにしましょう。出来れば、10年は忘れたつもりで」

です。

その後、Aさんは何もせずほったらかし。

途中、70万円と80万円をとりくずしています。

引き出した分も含め運用益を累計すると209万円になっていました。

投資を身に着ける近い道

投資を学んで、自分で年金を作ろう!

と思ったとき、多くの人が実践から遠いところで勉強してしまいます。

参考書を買ったり、セミナーに参加したり。

そうではなく、実際にある商品で学ぶのが一番です。

それだけで、一歩、二歩、いや十歩は進むことができます。

では、今回は以上、次回の更新をお楽しみに!

以下の記事も読まれています。

証券口座開設する
リスクについて学ぶ
情報収集について学ぶ
お金の流れを知る
為替ヘッジについて学ぶ
B!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です