じぶん年金の作り方 3年8ヶ月何もせず1.4倍+209万 年利20%

 
じぶん年金




この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!
詳しいプロフィールはこちら

4年前から本気で案内しはじめた運用商品があります。

今回は、その中からAさんの運用結果をご紹介。

この商品は、僕自身もやっていますので厳選に厳選を重ね選び抜いた商品。

じぶん年金づくりの運用ポートフォリオの中には絶対入れるべきだと確信している商品です。

3年8か月で209万円の運用益が出るまで

1.加入したのは2014年11月

Aさん:「これなら安全そうですね」

4年前、僕の独立をきっかけに、ご縁のある人たちから先に、この商品を案内して回りました。

商品の実力は、実績を見れば明かで、投資信託以上のパフォーマンスを安定的に出しているこの商品。

概要と過去の実績
  • 運用開始:1999年
  • ベンチマーク:MSCIワールドインデックス
  • 過去15年間の平均利回り(年複利)は11%超。

この商品で、僕が最も伝えたかったのは、ふたつ。

  • 運用の中身、原材料が違う。
  • 年複利10%以上なのに長期で安定。

ということでした。

 

運用の中身、つまり投資先企業をどういった基準で選んでいるのか?

これを知ると、長期で安定的に年複利10%以上を出しているのが納得できます。

 

しかし、投資に免疫がある方は少なく消極的な返事ばかり。

 

でも、Aさん違いました。

自分で中国株などを保有していた経験があり、投資に関する免疫がありました。

僕がこの商品の詳細を伝えると「これなら安全そうですね」と、躊躇すことなく加入しました。

当時まだ未熟だった僕の説明を理解してもらい、嬉しかったことを覚えています。

 

2.銀行に眠っていたお金を動かしただけ

Aさんにやってもらったことは、ひとつだけ

銀行で眠っているお金を、運用商品へ振込んでもらっただけです(加入手続きもありますが)。

最近、「特に使う目的のないお金が銀行にあって、銀行に置いていてももったいない気がする。」

こうした声を本当によく聞きます。Aさんもそうでした。

そういう方は、預ける場所を変えるだけでOKです。

3.4ヶ月後の2015年3月プラス10%に

Aさんが最初に預けた金額は500万円。

それが、翌年の2015年3月には、550万円ほどになっていました。

加入した2014年11月頃は、原油安をきっかけにロシアが打撃を受けユーロ圏経済が若干冷え込み、世界経済に影響が出て市場が下落していたころでした。

タイミングとしてはちょうど良かったということもあります。

 

4.約半年後の2015年4月プラス14%に

Aさんが最初に預けた金額は570万円に

前回、550万円になったとき、Aさんが増えた分を引き出したいという相談がありました。

ただ、その直後Aさんから一度、保留に。と連絡がありました。

その後、加入からおよそ半年がっ経った2015年の4月。

再度引き出したいという相談があったのです、確認してみると570万円になっていました。

 

5.そして、今月(2018年7月)

マイナスになることも

以下の図を見てください。

これもAさんの、運用結果です。

去年(2017年)の2月からのグラフです。

一度は、プラス100万円までになった資産も、マイナス50,000超にまで下がっています。

 

投資は短期で見ればマイナスになることも当然あります。

こうしたグラフは良いところだけを引っこ抜いて作っているものが多いのですが、僕は敢えてマイナスを見てもらいたいんです。

 

投資は人生同じで、経験の積み重ねです。

この商品はプロに運用を任せています。

なので、自分で売買をすることはありませんが、こうしたマイナスを経験することは、自分でやっていても、そうでなくても投資を行う上でとても大事な経験です。

じぶん年金運用結果2018

じぶん年金運用結果2018

ほったらかし

この商品の運用スタンスとして、僕がアドバイスしているのは、

「基本的にはほったらかしてください。出来れば、10年は忘れたつもりで」

とご案内しています(基本、売買をすることは出来ないのですが、ポートフォリオの変更は可能)。

その後、Aさんから引き出しの連絡はなく、およそ4年が経過しました。

 

今ではこの商品で、じぶん年金を作っているお客様は100名を超えました。

年に1回~2回ほど案内を送る為に、皆さんの運用状況を確認します。

 

Aさんの資産は順調に育ち、確認してみると、引き出した分も含め運用益を累計すると209万円になっていました。

たったの4年でこの結果が出たのですが、僕はそんなに驚いてません。

そうなって当然の「運用の中身、原材料」だからです。

 

最後に

投資を身に着ける最も近い道

次回以降、この商品をわかりやすく紐解いていきます。

投資を学んで、自分で年金を作ろう!と思ったとき、多くの人が実践から遠いところで勉強してしまいます。

参考書を買ったり、セミナーに参加したり。

 

そうではなく、まずは、自分の軸(比較基準)となるモノを学ぶことです。

それは、実際にある商品を学ぶことです。

何でもいいというわけではありませんが、何かひとつ商品をマスターします。

それだけで、一歩、二歩、いや十歩は進むことができます。

 

そして、その教材としてもこの商品はおすすめです。

この商品の「運用の中身」を知ることで、世界経済が「こんなにシンプルだったんだ!」と、五臓六腑に染みわたるように理解できるからです。

では、今回は以上、次回の更新をお楽しみに!

この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© TRUEMAN 最大の資産は自分自身 , 2018 All Rights Reserved.