2018/07/01

為替ヘッジ有りと無しの違いは?どっちが良い?

 
為替ヘッジ有り無し




この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ【TRUE MAN 最大の資産は自分自身】の運営者 SIN です。 僕は35歳の時でした⇒詳しくはプロフィールを。
詳しいプロフィールはこちら

為替ヘッジはなくて良い

為替ヘッジってそもそも何?

「為替」とは、円やドルなど各国の通貨をいくらで交換するか?を決める交換レートのことで、秒単位で変動しています。

ニュースで聞く「本日の為替相場は1ドル108円です」などのことです(こちらでも→「FXって何?FX初心者講座!」詳しく解説してます)。

そして、「ヘッジ」とは、「回避」という意味です。なので、「為替ヘッジのあり・なし」とはつまり、「投資による利益が出ても為替によって損が出たら意味ないから、そのリスクを回避することができるけど、どお?」ということなんです。

為替ヘッジ有り・無しの最大の違いは手数料コストの有無

リスクが回避できるなら、それに越したことはないですよね?

でも、これにはコストがかかるんです。

為替をヘッジするために投資信託の中で、オプション取引を行います。

ここで言うコストとは、このオプション取引を行う際にかかる手数料のことです。為替ヘッジ有りには手数料コストがかかるんです。

オプション取引を簡単に説明すると、投資は基本、安いときに買って高いときに売り、その差額が利益になりますが、為替の取引は、高いときに買って安くなったら売ることでも利益を得られます。

この特性を生かし、為替が変動したときのリスクを回避することができます。オプション取引についてはまた今度詳しく書きますので、ここではそういった取引が金融商品の中にあるんだと思ってください。(*^-^*)

為替ヘッジあり・なしをグラフで比較して決めよう

結局は、その人の好み。で決めていいと思います。

為替ヘッジの「あり・なし」をグラフなどので比較してみるとその違いが一目瞭然です。

僕が「その人の好みで」と言ったのは、比較すると分かるんですが、そんなに大きな違いがないんです。

そして、多くの場合、為替ヘッジなしの方がパフォーマンスがちょっと良いと思います。為替ヘッジ有りと無しの差はパフォーマンスにも影響を与えているようです。

こちらのページの「動画⑨最後に驚愕の真実!!「え?投資信託ってそうなってたの??」」にて、投資信託格付けサイトのモーニングスターを使った投資信託のグラフ比較の手順を動画でご案内しております。

僕の考え

見えないコストがかかってるのが腑に落ちない

これはあくまで僕の考えですが、「誰も為替を予想することはできない。」と僕は思っています。

為替がどちらに動いても良いように、オプション取引でリスクをヘッジすることは可能ですが、その為にはそれなりのコストがかかります。

でも、そのぐらいの変動は運用によっても変動しますし、そもそも為替を気にするのは最終的に売却(換金)する時にしか影響がないと思っているからです(投資家が為替の影響を体感するは。という意味)。

であれば、「見えないコストがかかってるのはなんか腑に落ちない」というのが、今のとろこ僕が出した考えです。

みなさんの考えもあると思います。投資でも人生でも大事なのは、自分が納得する答えを見つけることです。僕の意見を参考に、みなさんの答えをぜひ考えてみてくださいね(*^-^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ【TRUE MAN 最大の資産は自分自身】の運営者 SIN です。 僕は35歳の時でした⇒詳しくはプロフィールを。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TRUEMAN 最大の資産は自分自身 , 2018 All Rights Reserved.