3つの質問で分かる「自分の武器」

経験と体験をお金に換える。自分の武器収益化プロジェクト。

無料ダウンロード

為替ヘッジ有りと無しの違いは?どっちが良い?

為替ヘッジありなしどっち投資信託

円やドルなど各国の通貨をいくらで交換するか定める交換レート。

秒単位で変動しているので、さっきまで100円と1ドルが交換できたのが、101円じゃないと交換できなくなったりします。

「ヘッジ」とは、「回避」という意味です。

「為替ヘッジ」とはつまり、この変動による損失を回避することができる仕組です。

スポンサーリンク

為替ヘッジのメリット・デメリット

為替ヘッジのデメリット

リスクが回避できるなら、それに越したことはないですよね?

でも、為替をヘッジ「あり」を選ぶとコストがかかります。

詳しくは割愛しますが、簡単に言うと、「逆張り」するわけです。

その取引に必要になる、投資原資や手数料は投信元本の中から拠出されます。

為替ヘッジあり為替ヘッジなし
メリット為替変動時に強いコストはかからない
デメリットコストがかかる為替変動に弱い

グラフで比較してみよう

グラフにすると分かりやすいです。

為替変動が価格に影響を及ぼすシーンでは、効果を発揮しています。

一方、為替変動が少ないとコストだけ取られてしまいます。

僕の考え

見えないコストをどう考えるか?

僕は、「誰も為替を予想することはできない」と僕は思っています。

為替がどちらに動いても良いように、為替リスクをヘッジすることは可能ですが、その為にはそれなりのコストがかかります。

しかし、為替による変動は限定的です(もちろん、例外もあります)。

かつ、僕らの資産が影響を受けるのは、損益を確定(売却)するときだけです。

決済しない限り為替の影響は受けません。

そのタイミングは自分でコントロールできます。

であれば、「見えないコストはもったいない」というのが、今のとろこ僕が出した考えです。

為替以外のリスク

「世界一分かりやすい投資信託の選び方」では、動画を使って投資信託の選び方をご案内しております。

以下の記事もぜひご覧ください。

コメント