FXって何?FX初心者講座!

 
FXの基礎知識7

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!

今回はマサさんに変わり、ブログ【香川県観音寺市在住のみっちが教える四国穴場スポット】を運営する私、みっちが記事を書きます。

こうなった経緯は、ブログ【自意識ライジング橘右近】の運営者、右近さんのコミュニティーで「お互い寄稿しよう」というイベントがありまして

マサさんとみっちがペアになり、寄稿することとなりました。

 

そしてマサさんからは「FXについて書いてほしい」とのリクエストがありました。

そこでみっちがFXについて初心者講座をしたいと思います。

 

みなさんはFXって聞いたことがありますか?

聞いたことはあるけど詳しくは知らない人も多いのではないでしょうか。

 

FXは「Foreign Exchange」の英語を略したものです。

日本語では外国為替証拠金取引といいます。

なんだか難しそうに聞こえますね。

 

簡単に説明すると外貨の売買を行って利益を追求する取引のことです。

FXについて基本的な事柄を順を追って説明します。

 

外貨の売買とは

FXの基礎知識2

外貨の売買といっても想像しにくいかもしれません。

例を出して説明します。

例えば海外旅行でアメリカに行くことを想像してください。

 

出発時の為替レートが1ドル=100円だったとします。

アメリカではドルを使うため、円をドルに交換します。

つまり1ドルを100円で買います。

 

アメリカで数日滞在しましたが、1ドルは使うことなく持っていたとします。

そして日本に帰国するときの為替レートが1ドル=105円だったとします。

日本では円を使うため、ドルを円に交換します。

つまり1ドルを105円で売ります。

 

1ドルを100円で買った。1ドルを105円で売った。

これが外貨の売買です。

外貨を売買(交換)する取引のことをトレードといいます。

 

100円で買った1ドルを105円で売ったわけですから5円の利益が出ました。

逆に100円で買った1ドルを95円で売った場合は5円の損失となります。

 

今回のケースではたった5円の利益と思うかもしれませんが

もし1万ドルを売買していれば5万円の利益

10万ドルを売買していれば50万円の利益になります。

 

通貨の価値はなぜ変動するのか

FXの基礎知識

ニュースでドル高とか円安という言葉を聞くことがあると思います。

ドルだけにかぎらず世界の通貨の価値は24時間変しています。

この記事を読んでいる最中にも変動していますよ。

これを変動為替相場制といいます。

 

では通貨の価値の変動はどのように起こっているのでしょうか。

それはその通貨の需要によって決まります。

 

例えばお米を例にあげます。

今年は不作でお米があまり収穫できなかったとします。

すると

お米を欲しがる人が多い → お米が大量に買われる → お米の価値が上がる

 

これと同じで

ドルを欲しがる人が多い → ドルが大量に買われる → ドルの価値が上がる

ドルを不要と思う人が多い → ドルが大量に売られる → ドルの価値が下がる

となります。

 

ドルが買われたり売られたりする理由には失業率や米国雇用統計、チャート分析などがあります。

様々な要因に起因しており複雑なのでここでは割愛します。

 

その通貨が

買われると価値が上がる  売られると価値が下がる

と覚えてください。

 

通貨の種類

FXの基礎知識3

トレードできる通貨はドルだけではありません。

国が違うと使っている通貨が違うように、世の中には様々な通貨が存在します。

 

ここではFXでトレードできる主な通貨と特徴を紹介します。

通貨名の後ろに書いてあるアルファベット3文字はFX上での表記です。

例えばドルは(USD)、円は(JPY)と表記されます。

 

・ドル (USD)

経済大国アメリカの通貨。世界三大通貨のひとつで為替市場で大量にトレードされている。世界最大の基軸通貨である。
値動き(通貨の価値の変動)が比較的素直なので、先が読みやすくFX初心者向き。

 

・ユーロ (EUR)

ユーロ圏の通貨。世界三大通貨のひとつでドルの次に取引量が多い。世界第2位の基軸通貨。
ドルと同じく値動きが比較的素直である。FX初心者向き。

 

・円 (JPY)

日本の通貨。世界三大通貨のひとつでドル、ユーロにつぎ世界で3番目に多く取引されている。
国内の要因よりも国外の要因に起因して価値が動く傾向にある。特にドルとの関係性が強い。
低金利で安全資産とみなされているため、リスク回避として円が買われる傾向がある。

 

・ポンド (GBP)

イギリスの通貨。値動きの振れ幅が比較的大きく安定感に乏しい。
利益も出やすいが大きな損失が出るリスクも大きい。FX上級者向き。

 

・豪ドル (AUD)  

オーストラリアの通貨。政治的にも経済的にも不安要素が少ないため値動きは比較的安定している。
原油などの天然資源価格に影響を受けやすい資源国通貨。

 

・ニュージーランドドル (NZD)  

ニュージーランドの通貨。オーストラリアと密接な関係にあるため豪ドルの値動きに影響を受けやすい。
取引量が少ないため値動きは大きくなりやすい。

 

・カナダドル (CAD)  

カナダの通貨。豪ドルと同じく資源国通貨。国債が安全資産と認められているため信頼価値が高い。
経済的にアメリカとの結びつきが強くドルに類似した動きをする傾向にある。

 

・ランド (ZAR)

南アフリカ共和国の通貨。国自体が発展途上国なため物価動向や失業率も安定しない。
そのため値動きも不安定となり別名「悪魔の通貨」といわれている。

 

2通貨間の為替レート

FXの基礎知識4

ドルと円の為替レートは(USD/JPY)と表されます。

これは1ドルを円に換算すると何円かという意味です。

 

例えば(USD/JPY)の数値が 124.05 だとすると 1ドル=124.05円 という意味です。

この数値が変動して 125.05 になったとします。

すると 1ドル=125.05円 ということになり、ドルの価値が 1.00円 上がったことになります。

これをドル高円安といいます。

逆に数値が下がればドルの価値が下がったことになり、ドル安円高といいます。

 

他にもユーロと円の為替レートは(EUR/JPY)

ユーロとドルの為替レートは(EUR/USD)と表記されます。

このように2通貨間の為替レートはたくさんの組み合わせが存在します。

 

レバレッジ

例えば(USD/JPY)が 100.00 のときに1万ドル購入するとします。

1ドル=100.00円 なので1万ドル購入するために必要な資金は

100.00円×1万=100万円

「100万円も必要になるの?お金をたくさん持ってないと大きな額のトレードはできないのでは」

と思うかもしれませんね。

 

でも安心してください。

FXにはレバレッジというシステムがあります。

レバレッジとはてこの原理といって小額の資金で大きなトレードが可能です。

FXの基礎知識6

 

FXでは取引をするためにFX会社に証拠金(担保金のようなもの)を預ける必要があります。

レバレッジ効果により証拠金の額の最大25倍までの買い物が可能です。

つまり100万円の買い物をするためには資金4万円で可能です。

(実際には余裕をもった資金でトレードすることをおすすめします)

 

レバレッジのメリットは、小額の資金で多額の取引を行うことにより大きな利益を狙えることです。

しかし、予想どおりに相場が動かなかったときは大きな損失となるリスクがあります。

 

24時間眠らないマーケット

FXの基礎知識5

例えば株式市場では取引時間に制限があります。

東京証券取引所が開いているのは9時から15時なのでその時間内でしか取引ができません。

さらに日本の証券取引所は11時30分から12時30分は昼休憩なのでその時間は取引ができません。

 

しかしFXは平日なら24時間トレード可能です。

FXの取引の場は外国為替市場といってネットワークでつながっているバーチャルの市場です。

世界中の主要都市に外国為替市場があり、どこかが閉まるたびにどこかが取引を開始する

というように24時間眠らない市場を形成しています。

 

このため仕事が終わって帰宅してからトレードすることもできるし、夜型の人は夜中にトレードすることも可能です。

生活スタイルに合わせてトレードができるのはFXの大きな魅力です。

 

まとめ

いかがでしたか。

ここまで簡単にですがFXについて解説してきました。

FXは利益を得られることもあれば損失を出すこともあります。

ハイリスク、ハイリターンの投資だといえます。

 

安定して利益を得るためには売買戦略を学び、かつ数多くの検証が必要となるため

FXですぐに成果を出すことは難しいかもしれません。

 

しかし、投資として試してみる価値は充分にあると思います。

この記事があなたの資産を増やすための一助となれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© TRUEMAN 最大の資産は自分自身 , 2017 All Rights Reserved.