あんしんスイッチ日本初登場プロテクトラインって??

 
あんしんスイッチプロテクトライン




この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!
詳しいプロフィールはこちら

商品の紹介ページはこちらです。あんしんスイッチ

上がることはあっても下がりはしない最低保証ライン!!

ちょっと驚きました。

僕もお客様からのこの質問で初めて知りました。

お客様からの質問

お疲れ様です!

三井住友銀行から商品の案内として 日本初というフレコミの、 6年もののアムンディのバランス型投信のパンフレットが来ました。

上がることはあっても下がりはしない最低保証ラインがある(ドル建てなのでドルでの保証ですが)、というのが売りのようですが、 貯蓄型保険みたいに良いようで悪そうな感じしかしません笑 デメリットが理解しがたいところがとてもモヤモヤするんですが、 お時間のあるとき、良かったらデメリットと思われる事について教えてください🙇

銀行なので手数料高そうで預けたいと思わないですが、 こういう投信があることを知って今後に役立てたいなぁと思いました🙇🙇

お客様の質問はここまで。

プロテクトラインとは

こんな商品が市場で出てくるとは、 時代の流れ、時代背景や売る側の思惑が見えてきます・・・ 。

プロテクトラインをひと言で言うと、損切を代わりにやってくれる。です。

プロテクトライン

ここに書かれてあるんですが、運用で下がってもプロテクトライン以上に下がることはありません!

ということです。

ただ!!

もしプロテクトラインまで下がったら、繰上償還しますと言ってます。

つまり、運用をやめてお金を返します。ということです。

つまり、損が出そうになったら運用やめて元本は返しますね。ということです。

そして、こう書かれてあります。

保証契約とは、基準価額がプロテクトラインを下回らないために必要となる額を投資信託財産に支払うことで、基準価額をプロテクトラインで確保する契約です。したがって、投資元本すべてを保証するものではありません。なお、当ファンドに保証契約を付加することで、信託報酬とは別に保証料をご負担いただきます。三井住友銀行

外貨建て一時払い終身保険と酷似している

保険やん。これ

冒頭で僕が驚いたと言ったのはこのことです。

「これ投資信託やけど商品設計は、ほぼ保険やん」というのが僕の感想です。

お客様は、この商品を三井住友銀行からの案内で知ったそうです。

銀行は今や金融商品のコンビニエンスストアのようなもので、保険から投資信託まで幅広く扱っています。

食品メーカーがセブンイレブンやイオンに商品を置かせてもらうと、その商品が売れるように。作る側も売れるお店に商品を卸したいんです。

金融商品も、商品の流通に関しては同じです。

みんな大好き養老保険

そして過去、郵便局で最も売れた保険が養老保険です。

かつての高度成長期にも同じことがありました。

そのころ郵便局の定期預金金利が8%もありました。

しかし、徐々に金利が落ち着きはじめ、そこにプールされていたお金は次の行き場を探します。

それが、養老保険です。

定期預金の満期を迎えるころには金利が落ち着き、郵便局としても顧客の囲い込みと新商品の追加販売を狙いに行きます。

そこに満を持して登場したのが、養老保険です。

  • 顧客にとっては、金利下降局面において先10年超、今の金利が固定されるメリットがあります。
  • 郵便局にとっては、預金に変わる商品を販売することで販売手数料という売り上げが新たに発生。

そして、その後で言うと・・・

  • リーマンショック前、団塊世代の退職金の行き先は投資信託。
  • そしてリーマンショックから逃げるように、そのお金は投資信託から、安心を売りにした一時払い終身保険に流れていきました。

こうした事例をもとに、日本人ウケの良い元本確保(保証ではないとこがミソ)型の商品を開発したのでしょう。

もうそれは、投資信託とは言える代物ではなく。ほぼ、保険です。

保証料を払う

元本を確保するためにかかるコストは顧客が払う??

目論見書を見るとちゃんと書かれてありました。

上手に出来てますね。

投資信託を見慣れている人なら、手数料の欄に見慣れない「保証料」という文字にはすぐに気づくかもしれません。

実は、保険にもほぼ同様の商品があります。

プロテクトライン保証料

質問への僕の回答です。

お客様への質問への回答として僕が思ったことを正直に回答しました。

回答はここから

デメリットについてですが、この商品をしっかり理解し考えてみたんですが、あまりデメリットは感じませんでした。

ただ逆に、じゃあメリットは?

と聞かれたら、メリットも感じられない・・・。というのが僕の感想です^^;

結論から言うと、資産形成世代が購入する商品ではないと思います。

じゃあ、「資産取り崩し世代」の人がどう使うか?という話になりますが、「5年~10年全く使う予定がなく、殖やす必要もない資金で、銀行より増えてほしいけど自分で選んだり、買ったり売ったりはするつもりはない」

そういう資金にはいいかもしれません。

投資先は、債券や現金に近い資産で価格変動リスクが少ない投資先になっているようですね。

商品について僕が思ったことは・・・

まず、手数料の中に見慣れない「保証料」というのを見つけて驚きました。

前回の驚きはこのことなんですが、この商品って、ようするに保険ですね^^;

投資経験の少ない投資家の目を上手にだましてるなーと思いました^^;(言い方悪いですが)

おそらく、銀行で保険がバカ売れして、今売れなくなったので似たような商品を開発するようになったのではないでしょうか?

「プロテクトライン」は、要は「損切り」ということになると思いますが、自分で損切するタイミングが分からない人に対し、「何もしなくても資産が増え、かつ守られますよ」というセールストークだと思います。

僕は、そういった方は、そもそも投資するべきではない。と思っているので、この商品が売れることをちょっと懸念します(でも、日本人には合ってるのかな~^^;)。

追記
 「僕は、そういった方は、そもそも投資するべきではない。」とは、そのスタンスだと失敗する可能性が高い。という意味です。

〇〇さんに関しては、この商品は補助輪が付いた自転車に乗るようなものです^^

初めて自転車に乗るなら助かりますが、既に乗れる人は邪魔に感じますよね?

ただ、目的によって商品が変わりますので、目的が合っていればいいかもしれません。

資産全体の一部に組み込む選択肢の一つとして考えられてみてはどうでしょうか?^^

ここまでが質問の回答です。

では、今回は以上です。

この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© TRUEMAN 最大の資産は自分自身 , 2018 All Rights Reserved.