3つの質問で分かる「自分の武器」

経験と体験をお金に換える。自分の武器収益化プロジェクト。

無料ダウンロード

コミットしても目標達成しない原因。間違ったコミットの仕方

目標を必達させる最強ツール自分の武器を見つける

どれだけ、強くコミットし、自分を犠牲にし、身を削って頑張っても、目標達成しないのは、コミットの仕方が間違っているから。

コミットするのは目標ではなく、目的です。

スポンサーリンク

コミットは、しなてもいい

何にコミットするかが大事

僕が営業の会社に入った頃の話しです。

営業会社には当然、ノルマがあります。

自分で目標を立て、コミットします。

営業会社であれば、どこにでもあることです。

ただ、僕は、その目標を自分に置き換えて捉えることが、全くできず、いつも目標達成でkない、ダメ営業マンでした。

ノルマという「圧力」は、水圧のように感じて、押しつぶされていました。

与えられるものと、自分の中から湧いてくるもの

本当の意味でのコミット

自分をごまかし、心の声を無視し、上っ面のコミットをしていました。

違和感を感じながらも、そんな自分を正当化しながらも、上手に溶け込む。それが、社会人です。

周囲の人たちを見て、そう学びました。

でも今、当時のことを振返ってみて、ふと思ったんですが、僕は、果たして自分の人生にコミットできていたのだろうか?

もしかすると、他の人たちは、人生の目的をちゃんと持っていて、この会社はあくまで通過点。

もしくは、プライベートや、僕が知らない世界で、充実した生き方をしていたり・・・

自分の中にある源泉

当時の僕は、コミットする人達を冷ややかな目で見ていました。

でも、今思うと、見えてなかっただけかもしれません。

僕の中には無かった、自分の中から湧いてくるもの。

これをやりたい!

これを達成したい!

やらずにはいられない!

というもの。

与えられるものではなく、言われるものでもなく、コミットすることでもない。

自分がやりたいからやる。褒められなくとも、認められなくとも良い。

そういうもの。

当時の僕にはなかったんですが、コミットしていた人達には、あったのかもしれません。

自分を見失う

自分の中から何かが沸き起こるものが無ければ、無理にコミットはしないほうがいいと思うんです。

僕はずっと自分の気持ちに嘘をついていました。

自分の気持ちに嘘をついて、コミットを続けるのは良くありません。

なぜ、そう思うかと言うと、僕はその後完全に自分を見失ってしまったからです。

周りに合わせることが正しいと言い聞かせ、そうしてきました。

自分を抑え、我慢するのが社会人だと。

でも、僕はただ、自分の気持ちに嘘をついていただけ。

自分に嘘ウソをつき続ける、といつしか自分を見失います。

目標じゃなく目的にコミット

なぜ、こうなったのか?

僕に無かったのは、「目的」です。

目的とは、目標の先にあるもの。

目的のない目標は空っぽです。

コミットすべき目的

コミットすべきは、以下のことです。

  • 自分は何になら覚悟を持てるのか?
  • 自分は自分の人生に何を望んでいるのか?
  • 自分はどんな自分で在りたいのか?

こういった明確なものがないと、努力が苦痛になります。

逆に、目的が明確になると、目標を達成することが、やりがいになります。

小さな違和感

「何か違う」という、しっくりこない感覚があるなら、それを無視してはいけません。

自分に嘘をついて進んでも、そこに本当のゴールはないからです。

では、今回は以上です。

コメント