3つの質問で分かる「自分の武器」

経験と体験をお金に換える。自分の武器収益化プロジェクト。

無料ダウンロード

ブログ運営にもマーケティングを。「価値創造」と「お客様の声」

おい!顔!自分メディアを持つ

企業におけるマーケティングと、個人のブログ運営におけるマーケティングも根本は変わりません。

なので、マーケティングを知ることは役立ちます。

とはいえ、あまり難しく考え過ぎるのもよくありません。

今回、マーケティングをどう捉えればいいのか?

ポイントを絞って、だけども本質をしっかりおさえて、ご案内していきます。

スポンサーリンク

マーケティングとは?

マーケティングって「宣伝・広告」と思いがちですが、そんなに単純ではありません。

マーケティングとはとどのつまりこの3つです。

  1. 売る物を創る
  2. 売る場所を創る
  3. お客様を創る

マーケティングとはこの3つのこと

売る物を創る

そもそも、商品がよければ何もせずとも売れます。極端な話し、マーケティングは不要になります。そういう商品を作ることです。

売る場所を創る

勝手に売れる商品はそんなにすぐできませんでの、プロモーションが必要です。

そこで必要になるのが、店舗やWEBなど売る場所が必要になります。

お客様を創る

商品もできて、売る場所ができれば、後は集客です。

この3つを仕組化することがマーケティングです。

マーケティングの行きつくところは?

マーケティングっていつ生まれたの?

商品が売れなくなったからマーケティングが生まれました。

競合他社がまったくいない状況であれば、勝手に売れます。

競合が出てきたことで、消費者に「選択権」が移ったんです。

結果、競争が生まれ、売れない商品が出てきます。

「どうしようか?」という発想になり。マーケティングが生まれたんですね。

つまり、マーケティングとは「選ばれる」ということです。

最強のマーケティングは「特許」

マーケティングの行きつくところは「新しい価値を作ること」と言えます。

マーケティングの3つの要素の中「売る物を創る」のことです。

「発明」と解釈すると、面白い見方に変わってきます。

発明には、「特許」が付き物です。

永遠には続きませんが、特許は、半永久的に顧客を独占できます。

これはピーター・ドラッカーが言っている、「イノベーション」とも取れます。

企業の第二の機能は、イノベーションすなわち新しい満足を生みだすことである。経済的な財とサービスを供給するだけでなく、よりよく、より経済的な財とサービスを供給しなければならない。企業そのものは、より大きくなる必要はないが、常によりよくならなければならない。

ピーター・ドラッカー著『マネジメント【エッセンシャル版】』

マーケティングは最終的に、「商品開発」に行きつきます。

つまり、良いモノ・サービスを作れということです。

一番早いマーケティング手法「お客様の声を集める」

提供側と消費者との間には、埋めようの無いギャップがあります。

マーケティングが難しい原因はここなんです。

僕らは普段、消費者なんですが、提供する側になった途端、消費者としての目線を持てなくなってしまいます。

僕らのの商品・サービスを一番正確に知っているのは、僕らではなく、読者やお客様です。

そういった人たちに意見を伺うことが、最も効率の良いマーケティングになります。

お客様の声から何を見つけるのか?

お客様の声をどう活かすのか?

目的は、ギャップを埋めることです。

これを、商品・サービス開発に役立てます。

例えば、「お客様の声」は、強烈な販売ツールになります。

商品を検討しようとしている人に100人分のお客様の声を見せてあげてください。

消費者にとって、「お客様の声」というのは、最も参考になる情報です。

どんなに優れたセールスマン、どんなにプレゼンが上手な人の話しも、「お客様の声」に勝てるものはありません。

 お客様に何を聞くのか?

以下のようなことを聞けるといいですね。

  • お客様はなぜ買ったのか?
  • 購入してどんな価値を感じているのか?
  • どんな使い方をしているのか?
  • 満足しているのか?
  • 不満はないか?

どういった答えが一番多く返ってくるか?

また、あなたの商品・サービスはお客様にどんな価値を与えているか?

マーケティングのスタートはそこからです。

目から鱗の「マーケティング思考」

「売らない人」をセグメントする

マーケティングとは、イチにも二にも売ることです。

が、逆の発想で売らない人を明確にすることで、「お客にすべき人」が明確になるんです。

時間や、コスト、マンパワーをどこに集中すべきか?

商売を効率よくする為に、この見極めは非常に重要です。

買わない人をセグメントして、その人には売らないと決めるのです。

効率が格段に上がります。一度やってみてください。

この記事も読まれています。

 

マーケティング業者の餌食にならないように

「マーケティング」という商品は要注意!

鋭いあなたは気づいたかもしれません。

特にWEBマーケティングの業者さんに多いです。

あの手この手で色んな表現を作って、あたかも新しいマーケティング手法が生まれたかのようにセールスしてきます。

でも、知識がないと「そういうもんなのかな?」と、なりがち。

マーケティングってカタカナとかアルファベットが多いんですよね。

  • クロスマーケティング
  • ダイレクトレスポンスマーケティング
  • バズマーケティング
  • ウェブマーケティング
  • コンテンツ マーケティング
  • バイラルマーケティング
  • シナジーマーケティング
  • マーケティングの4P
  • STP

ちらっと挙げただけでもこんなに・・・。

ただし、表現が微妙に違うだけで結局、目的とやることは同じなんです。

個人のブログ運営におけるマーケティング手法

あなたの商品を一番知っているのは?

お客様です。

そして、「お客様の声」を聴いて、この3つを改善していくことが、一番コストとがかからず、かつ、効率の良いマーケティングなんです。

  1. 売る物を創る
  2. 売る場所を創る
  3. お客様を創る

そして、個人のブログ運営においては、Googleアナリティクスや、サーチコンソールで、検索キーワードを見ることで、ユーザーのニーズを読み取ることが可能です。

既に、マーケティングとセットになっています。

とても具体的なリサーチが可能なんです。

こちらの記事も読まれています。

では、今回はここまで!

コメント