夢のかけらなくさずに

ケータイ補償月額100円はもうない!?2019年最新事情の調査結果!

WRITER
 
ケータイ補償サービス







この記事を書いている人 - WRITER -
このメディアの運営・編集者の SIN です。 僕は35歳の時でしたが、あなたは?
詳しいプロフィールはこちら

前回の記事スマホ・ケータイ補償はやっぱ不要だった!同等補償が月額100円の裏技!?2019年最新版

前回お伝えした情報が古くなったので、この記事では引き続き、端末補償について補足をしています。

この記事は2019年1月時点の情報になります。ご了承ください。



保険会社はAIG損保

前回、伏せてた保険会社名はAIG損保です。

AIG損保の傷害保険保険に携行品補償特約を付帯します。

携行品補償特約は傷害保険に加入することで付帯できる特約です。

月額100円が⇒212円!?

現在、僕は月額 212円(年払で2550円)になってます。

前回の記事では100円と謳っていたので倍以上になっています。

が、それでもまだ安い。

加入条件が加わって高くなった!?

調べて分かったことは、加入条件が付き保険金額を高くせざるを得なくなり、保険料があったこと。

そして、加入が難しくなりました。

前回たくさんのコメントを貰いましたが、その中にも「加入できませんでした」というコメントがけっこうあります。

今回調査して分かったことは、かなり加入が厳しくなったことです。

この記事を見るとその理由は分かりますが、結局具体的対策は見つかりませんでした。

記事後半に他の方法をいくつか記載していますのでご参考にしてください。

僕が入っているプラン

でも、僕は加入できています。僕が教えてあげた友人も全員加入しています。

では僕がどうやって加入できたか?

ということで、そのあたりを踏まえてご案内しますね。

 

AIGの傷害保険には、フリープラン(自由設計)とセットプランがあります。

まず、僕はフリープランです。

これが僕のプラン

  • 基本タイプ
  • 本人型
  • 死亡補償:100万円
  • 携行品補償:10万円
  • 年払い:2550円(月額212円)

なお、傷害保険ですので、お仕事が危険職種の方は保険料が上がります。

加入条件がある

申込みの際のポイント

ここが最大のポイント。

加入条件が追加された理由は、携行品補償特約のみを目的とした加入が増えた為です。

携行品補償特約が安くてケータイ補償の代わりになることにみんな気づいたんですね。

加入条件

その加入条件とは・・・

原則「セットプランで無ければ携行品補償特約は付帯できない」

というもの。

セットプランにすると月払いで数千円になってしまい高いです。

セットプランはこちらでご確認できます。https://www.aig.co.jp/sonpo/personal/product/injury/standard

では、安く加入する道は途絶えたか?

というとそうでもないようです。

事実、僕が冒頭ご紹介したプランで加入しています。

加入目的は死亡補償

僕の加入目的は

「傷害死亡時の備えとして安く上記のプランに入りたい」

と伝え先ほどのプランで加入しました。

実は僕この時、携行品補償特約がケータイ補償の代わりになるなんて知らなかったんです。

 

ということは、このやり方なら高いセットプランにしなくても携行品補償を付けられるということ?

ということで、その方法をブログ読者の方にお伝えしたんですが、

 

それでも「ダメでした」という結果に・・・

僕が加入できたのに、

なぜ?

加入できない理由

僕の担当者(友人)に聞いてみました。

すると、

「わからん!厳しくなっとんやろねー、もしくは担当者によって違うとか??」

とのこと。

忙しい友人なのでそれ以上調査で彼の時間を割くのは・・・と思い、これ以上は僕も調査を断念。

セットプランじゃなくても携行品補償が付けられる?

ただ、ひとつ言えることは、セットプランじゃなくても携行品補償を付帯できることがあるということです。

これは僕自身が加入できているので事実です。

 

ここから先は、ちょっとした悪あがきになるので、あがきたい人はぜひ見てみてください。

あがき方を伝授します。

交通事故型にして月額215円のプラン

担当でもある友人が、

「個人賠償責任補償特約」を付帯したいと伝えてみるたら?

とアドバイスをくれました。

そのプランを作ってもらいました。

  • 交通事故型(交通事故型とは交通事故の時だけ補償で範囲が狭いのでこっちの方が安い!
  • 本人型
  • 死亡補償:200万円
  • 個人賠償責任:1億円
  • 携行品補償:10万円
  • 年払い:3150円(月額262円)安っ!

おいちょっと待て。交通事故型とかあったんなら先に言ってくれ。

と思いましたが、じゃあそもそも傷害保険なんだから「傷害補償を充実させて試算してみていくら?」と、試算してもらいました。

つまり、交通事故型なら、普通に傷害保険に加入するプランでも安いんじゃないの?と思ったんです。

それが以下のプランです。

  • 交通事故型
  • 本人型
  • 死亡補償:100万円
  • 傷害医療費用:100万円
  • 携行品補償:10万円
  • 年払い:2580円(月額215円)これも安っ!

これ十分安いですよね?これで良いような気がします。

ただ、これで加入できましたという報告はまだ頂いてません。

 

火災・自動車保険をひとつにまとめる

補償のダブリを解消して一本化!

補償全体を見直し節約することで実質負担減!

「それでも無理なら・・・」と友人がアドバイスをくれました。

ちょいややこしいけど可能な限り分かりやすくまとめてみました。

 

友人曰く、損害保険って知らないうちに補償が重複していることが結構あるようです。

特に、以下の補償は複しやすさではピカイチらしい。

  • 弁護士費用特約
  • 個人賠償責任補償特約
  • 自動車保険に付帯されている傷害補償

漢字が多くて中国拳法みたい。

重複する理由

重複してしまう理由は補償の範囲が広いから。

これらの補償は、家族の誰かひとりでも加入してれば家族全員受けられる補償らしいです。

例えば・・・

  • 親の自動車保険に付いてる弁護士費用と
  • 自分名義の火災保険に付いてる弁護士費用

でも、補償を受ける時はどちらかしか使えない。

でも、保険料は重複して払っている。

そんなん知らんし!と言ってもダメらしいです。

重複部分を解約しAIGで入る直す

ここがポイント!

これらの補償が加入中の自動車保険や火災保険、傷害保険にバラバラに付帯されているのであれば、解約してAIGの傷害保険にまとめ付帯する。

そうすることで加入できるのではないか?

というか普通に傷害保険に加入するんだから何の問題もない!

とのこと。以上、悪あがきでした。

AIG損保の加入方法

では、みなさんが加入するにはどうしたらいいか?

加入経路は以下の3パターンがあると思います。

僕の友人は複数の保険会社を扱う乗り合い代理店に所属していたので僕は③をおすすめします。

①直接AIGに問合せて申込

この方法は、あまりおすすめしません。

https://www.aig.co.jp/sonpo

②AIG損保専属の代理店

③がダメだったらここに問合せてみましょう。

http://sasp.mapion.co.jp/b/aig_agent/

③保険の来店ショップで申込

事前に傷害保険だけで相談OKか聞いてみてください。取り扱わないところもあるようです。ネットで以下のようなサイトから自宅近くのショップを探すといいでしょう。

AIG損保を取扱う来店ショップ⇒https://www.lifull-hoken.com/shopbycompany/aig-sonpo/

 

JA共済が手っ取り早い??

AIGが厳しくなった今、最も加入しやすくお得なのはJA共済の補償かもしれません。

ただ、地域によって取扱ってないようなので、お住いの地域のJA共済さんに確認してみてください。

http://www.ja-kyosai.or.jp/contact/words/ka/ke/ke001.html

注意

現時点ではスマホが対象外になってる可能性もあります。スマホが対象かどうかは必ず確認してくださいね。

クレジットカード付帯の携行品補償も良い!

セゾンカードのオプション:Super Value Plus

クレジットカードに付帯の携行品補償もあります。

カード加入は条件必須ですが、月額300円と安い!

現在、補償の詳細を調査中です。

最後に

その他の節約方法

生命保険の見直し

面倒くさいと思われるかもしれませんが、固定費の削減なので一度の労力でずっと節約できます。

一度検討してみてください。もし、加入出来たら記事にするのでぜひ教えてくださいね!

通信費の見直し

僕の通信費節約方法です。この手段で月額合計10,000円以上のコスト削減に成功しました。

  • 格安スマホに乗り換える。
  • 端末は一括ゼロ~10円などのキャンペーン対象端末を選ぶ
  • WiMAXを契約して家のネットを解約(これが一番効果大!)
  • セキュリティソフトはESETで家のパソコン家族のスマホまとめて購入する。

色々聞ける保険の担当者を見つけておくのも大事

「保険は売り込まれるからやだな・・・」という人もいると思いますが、損保の方はそうでもないので自分の営業担当を見つけておくと役に立ちます。

今回はそれをすごく感じました。

保険に加入してるなら、今の担当さんに訪ねてみても良いかもしれません。

キミの経験と体験が、お金に換わる。

自分の武器収益化プロジェクト

【自分メディア】

【ライティングスキル】

【自分の武器】

まずは【自分の武器】を手に入れよう。

自分の武器

この記事を書いている人 - WRITER -
このメディアの運営・編集者の SIN です。 僕は35歳の時でしたが、あなたは?
詳しいプロフィールはこちら










Comment

  1. 匿名 より:

    そもそも、携行品の保険は原価でしか保証してくれないんじゃないですか?例えば、画面割れたら原価1000円分しか保証してくれないんじゃないですか?

    • SIN より:

      鋭い質問ですね。ありがとうございます。この件も記事にまとめとかないといけないですね。
      基本的な考えはそうです。

      ただし、どこまでを原価に入れるか?
      がポイントで、画面(だけ)をみて原価を決めるのではなく、スマホ(割れた画面含む)自体を原価としてみますので、もう少し高くなります。

      僕も実際に使ったときに色々聞いたんですが、購入して3年ぐらいたっていると、だいたい購入時の半額ぐらいまでが上限になる感じです。

      例:5万円で買ったスマホの補償額の上限は25000円
      ※割引などがあって半額で買ったとしても5万円として見てくる。

      なので・・・

      月々350円~900円払うキャリアのスマホ補償で、7000円~12000円の自己負担で「交換」してもらえるサービスが良いか?

      月々300円ぐらいの携行品補償で、3000円の自己負担で修理保証が良いか(上記の例だと上限25000円)?

      という判断が必要になります。

      以上になりますが回答になってますかね?

      またご質問あればコメントください^^

  2. hi-ko より:

    この商品、とても良かったですね。
    しかし・・・
    もうじき更新時期ですが、今後スマホは補償外になりますが継続那どうなさいますかと先程保険会社から連絡がありました。
    10月更新ですが、スマホの保険目的で入っていたので継続しないことにしました。
    ご注意ください・・・。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BE HAPPY? , 2019 All Rights Reserved.