WIMAX歴6年 ネットをWIMAX一本にした前後の変化

WIMAX一本化ってメリットだらけ??

と気づいたのは6年前。

きっかけは、通信費が高いのと、月末の容量不足のストレス。

WIMAX一本にして早6年ですが今も快適です。

一本化するとき、一番躊躇したのが速度。

「WIMAXにして失敗したらど~しよ(;’∀’)」

とドキドキしたのを覚えています。でも、まったく問題ありませんでした(‘∀’)

[keikou]僕と近い考え(環境)の人は今すぐWIMAX一本化にしても問題ないはず。[/keikou]

この記事を参考にぜひ通信環境の断捨離のご検討をしてください。

WIMAXとWIMAX2+について

本文中のWIMAXはWIMAX2+と同義語として扱っています。

  • WIMAX:古い通信規格で速度13Mbps 速度制限なし 2020年3月31日終了予定
  • WIMAX2+:新しい通信規格で速度440Mbps

固定(光)回線をWIMAXにした前後の変化【速度編】

WIMAXを固定回線代わりに使おう!

速度のビフォーアフター

 前(ひかり回線)後(WIMAX)
公表速度1Gbps440Mbps
ひかりの約220分のいち
実測値100Mbps20~50Mbps
ひかりの約二分の一
体感速度光なのに!とイラつくほど遅いときありぷちっと切れるときあり。慣れてくる。
使用端末処理能力の低いPCとスマホ処理能力の高いPCとスマホに買換えた
固定回線とWIMAXの速度の比較

公表値(ベストエフォート)

ベストエフォートは無視してOK

  • auひかり:1Gbps
  • WIMAX2+:440Mbps

大きな差がありますが、実効速度になるとこの差が大きく縮まります。

実効速度

固定回線となんら変わらない

  • auひかり:100Mbps
  • WIMAX2+:20~500Mbps

数字の差はありますが、このぐらいの差は、端末(ルーターやPC・スマホ)時間(混雑時:お昼や夕方18時)の影響でも起こります(光回線もWIMAXも)。

今は端末も新しくなり、WIMAXのアンテナ塔も増え、僕がWIMAX一本化した頃より、はるかに速度が出ています。

Wi-Fiルーター最新機種

最新機種の公表値は1.2Gbps!!

Wi-Fiルーター最新機種

ひかり回線の口コミ

Twitterでこんな口コミを見つけました。

光回線の口コミ

ダウンロード(下り)とアップロード(上り)とありますが、大事なのはダウンロードの数値です。

対戦型のオンラインゲームをする人は、ひかり回線ぐらい(50Mbps)速度が出ないとストレスかもしれません。

WIMAXの口コミ

WIMAXの口コミもあります。

今現在(2020/1)の最新機種での速度です。WIMAXも40Mbpsと十分な速度が出ています。

WIMAXの口コミ

体感速度

固定回線となんら変わらない

通信速度は、住環境、使用端末によっても変わりますが、逆に言えば端末が良ければ速くなります。

当時(2016年)の僕は、処理能力の低い端末(PC・スマホ)でしたが、買い換えてからは光回線となんら変わらないスピードで安定しています。

おすすめ端末のスペック

スマホもPCもWi-Fiルーターも、現在発売されているスペックのモノであれば、十分な速度が出るはずです。

以下の僕が今使っている端末を参考にしてください。

僕が使っている端末

2020年1月時点で僕が使っている端末です。これと同程度以上のモノなら問題ないはずです。

  • WIMAXのルーター:W05
  • スマホ:Android one S2
    RAM:2GB
  • PC:Dell Inspiron 13 5000シリーズ
    RAM:8.00GB
    プロセッサ:Intel Core i5-7200U CPU @ 2.50GHz 2.70 GHz

スマホ・PCの処理能力には、RAMが大きく関係しているので覚えておくと今後役に立ちます。

僕のPCはイラストレーターが入っているのでRAMを8.00にしました。ネット使用ぐらいならRAM4.00でも十分です。

住環境について

住環境については、まず、WIMAXのエリアのエリアをチェックしてください。

WIMAXのエリア判定が「圏外」だと、契約はおすすめできません。

固定(光)回線をWIMAXにした前後の変化【料金編】

WIMAX最大のメリットは一本化による通信費の節約

料金のビフォーアフター

一本化前一本化後
4000円
auひかり
3600円
WIMAX2+
1500円
auひかり電話
解約
10,000円(ドコモ)
僕のスマホ
3600円(Ymobaile)
8000円(ドコモ)
妻のスマホ
3000円(DMMモバイル)
合計:23,500円合計:10,200円
マイナス13,300円

毎月、13,300円の節約に!

まずはスマホプランを見直し

固定回線をWIMAXに代えて間もなく、ドコモのプランを見直し。

外出時でもWIMAXを携帯すればスマホのギガは不要になります。

なので、スマホのデータプランは一番安いものにしました。

この見直しが一番節約効果が大きかったです。

これだけで5000円ぐらい浮きます。

固定電話を解約

ひかり(固定)電話を解約したのは、ミニマリスト(断捨離)的な思考です。

ほとんど使ってなかったので思い切って解約。

1500円の支払いが不要に。

格安スマホへ乗換え

数ヶ月後のドコモの更新月。

14年続けたドコモから思い切って格安スマホへ乗換え。

僕は仕事上電話をよくかけるので、ワイモバイルに。

理由は誰とでも定額(通話が誰とでも完全無料)があるから。

妻も更新月を待って、端末が安く手に入るキャンペーンを選んでDMMモバイルに乗換え。

これによって二人あわせて3000円ほど節約できました。

今は僕と同じワイモバイルですが、楽天カードを使っているので楽天モバイルを、僕はWIMAXとルーターセット割りがあり、かつ速度制限後も1Mbps出るUQモバイルを検討しています。

 

格安スマホで最も気がかりだったのは速度とキャリアメール。

@docomo.ne.jpが使えないことに抵抗がありましたが、これを機にキャリアメールを使わないよう決めました(キャリアメールはいずれ無くなると思ったので)。

今ではGmailのみ。

速度も端末を変えてからは全く気になりません。

今ではワイモバイルの誰とでも定額のオプションも外しその分(1000円/月)浮いてます。

こうして徐々に、ネット代、携帯代、通信費全体の大きな節約に成功。

他に良い手段はないのか??

その他のネット環境構築手段

結論は、WIMAXが一番なんですが他の方法もあるので載せておきます。

ネット環境構築手段

 WIMAX2+スマホテザリング固定(光)回線ホームルーター
エリア/LAN宅内外/無線宅内外/無線宅内/有線宅内/無線
持出し
速度
安定性
速度制限無制限(3日で10GB)あり(プランによる)なし無制限(3日で10GB)
料金4000円0円(スマホ代だけ)4000円4000円

スマホテザリング(Wi-Fi)の特徴

  • スマホをWi-Fiルーター代わりにしてネット(PCなどで)ができる
  • オプション料金は不要
  • データ容量はスマホの分を使う
  • 使いすぎると速度制限がかかる

ホームルーターの特徴

  • モバイルルーターの逆がホームルーターです
  • 持ち出せるか、持ち出せないかが一番の違い
  • WIMAX以外ではソフトバンクのソフトバンクエアーが有名
  • 宅内専用になっている分、モバイルルーターと比べ宅内で繋がりやすい

固定(光)回線の特徴

  • 安定性、速度、通信品質で言えばどの手段よりもダントツに良い。
  • 当然、外では使えない

WIMAX2+の特徴

  • 無制限(3日10GB)
  • 外出時でも気にせずネットが使える

WIMAXのメリット・デメリットまとめ

メリットデメリット
外でも使える充電しないといけない
無制限(3日10GB)充電の寿命が更新(3年)まで持たないこともある
一本化すれば大きな節約効果3年縛り違約金がある(縛り違約金なしもある)
使ってない端末を使える混雑時ぷちっと切れるときあり(慣れる)
工事が不要(立ち合い不要)荷物が増える
手続きがらく持っていくの忘れることがある
コード類・ルーター・モデムが不要エリア内じゃないとそもそも使えない(エリア拡大中)
引っ越しがらく(転勤が多い人)更新毎にお得なキャンペーンを探すのが面倒
周囲の人にデータを分けてあげれる未成年本人名義では契約できない(条件あるけどできるとこもある)
クレジットカードも口座引落もできる
ネットだけで(すぐ)契約できる

動画視聴時間とギガ数の関係

WIMAXは3日で10GB使うと速度制限がかかり、その後1Mbps以上は出ません。

1Mbpsでも動画は見れますが、標準画質(SD)までぐらい。それ以上(HD)になるとフリーズすることがあります。

どの程度か?については以下を参考にしてください。

1Mbpsで視聴可能な動画
  • SD=(360/480p)=標準画質
    視聴可能
  • HD(720p/1080p)=高画質
    1日16時間以上視聴でアウト
  • UHD(4K)=超高画質
    1日2時間以上視聴でアウト

3日10GBを気にしなくていい理由

ただし、これはあまり気にしなくて良いです。

実際、僕も気になったことないんですよね。

理由は、制限がかかる時間帯です。

3日で10GBを使うと、[keikou]翌日の[/keikou]18時から翌2時までの時間に通信速度が最大1Mbpsまでに制限されます。

[keikou]翌日で[/keikou]す。すぐじゃないです。

その日だけ健康の為にスマホを見ずに早く寝ましょう。

そもそも3日で10GBってそうとうなデータ量です。

ほとんどの人が心配することはないでしょう。

どんな人に向いてて、どんな人に向かないのか?

WIMAXを契約してはいけない人

電波が届かないとこに住んでる

⇒YES!

コンクリートマンションの囲まれたとこに住んでいるなど、WIMAXの電波が届かない場所に住んでいる人。

引っ越すか、エリア改善要望を申請し気長に待ちましょう。

速度最優先

⇒YES!

一瞬でもネットが切れると困る。許されないという人は固定(光)回線のままで。

高画質動画にこだわる

⇒YES!

4K(UHD)動画を1日2時間以上見る人は、もう分かっている思いますが固定(光)回線のままで。

ユーチューバー

⇒YES!

ユーチューバーに限らずイラストや写真などファイルをアップロードする人。

ダウンロードの速度は早いんですが、アップロードは時間がかかるので固定(光)回線のままで。

お試し(キャンセル)ありでやった方がいい人

子供がいる世帯

子供にyoutubeを見せてる。

こういった方は、スマホとセット割り、家族割りなどを屈指して検討してみてください。

  • スマホがドコモなら、ドコモ光とのセット割り
  • スマホがソフトバンクならソフトバンク光とのセット割り
  • スマホがauならauひかりとのセット割り

こうした光コラボのセットとWIMAXにした場合とで料金を比較してみてください。

ちなみに、WIMAXもauとUQモバイルとの割引があります。

二世帯家族

家に常に誰かいてネットが必要(高齢者の見守りの為など)という方。

その他

  • 対戦型オンラインゲーム(FPS)をする
  • 株・FXなどのオンライン取引をする

以上の方は以下のプロバイダからご検討ください。

お試しができるWIMAXプロバイダ

キャンセルができるWIMAXプロバイダ

  • GMOとくとくBB20日以内解約金無料でキャンセル可能
    【条件】WIMAXのエリア判定で「✕」の人にしか適用されません。
    GMOとくとくBBのみのサービスです。
  • broadWIMAX:8日以内解約金無料でキャンセル可能
    こちらは、クーリングオフ制度を使ったものなのです。

縛りがないWIMAXプロバイダ

縛りなしWiFi:その名も「縛り無しWi-Fi」

縛りがないので違約金もありません。

15日間お試しができるUQWIMAX

本家のUQWIMAXではTry WIMAXというレンタルサービスがあります。

一番確実にお試しが可能です。

注意!

[keikou]お試し後、そのまま申し込まないでください。[/keikou]

理由は、キャッシュバックなどのキャンペーンです。

本家とその他プロバイダのキャンペーンの額は[keikou]30,000円ぐらい違います。[/keikou]

即、契約していい人

上記ふたつに当てはまらず、以下に当てはまる人(僕のような人)。

コスト最優先

安くて、ネットがサクサクでストレスなければOKという人(僕はこれ)

ミニマリスト

ミニマリストの方でWIMAX一本化している人は多いようです。

無駄をなくすということに敏感ですからね。

料金の節約だけでなく、コード類やモデムやルーターなど物理的にも物が無くなるのでお部屋がスッキリします。

その他

  • ネットサーフィン・LINEぐらいしか使わない
  • 多少、動画が止まっても良い(僕がこれ)
  • 外出先PC使用時にスマホテザリングで限界を感じている(僕がこれ)
  • 一人暮らし
  • 既婚、子供なし(僕がこれ)

Try WIMAXのお試しから

以上の方は、この記事の内容を踏まえ、問題なければ即契約しても良いと思いますが、それでもちゃんとエリア判定を行って、Try WIMAXを一度試してから申込みましょう。

WIMAXプロバイダ選びの注意点

「今」最安値の調べ方

「WIMAX キャンペーン 比較」で検索すると、今現在どこのプロバイダが最もお得か?色々出てきます。

価格ドットコムでも比較できますがちょっと分かりにくいです。

最近、どんなときもWi-Fiという新サービスが出てますが、速度が安定してませんのでおすすめできません。

どんなときWi-Fiは、クラウドWi-Fiという技術を使っています。

「クラウドWiFi」というキーワードで検索してもらうと色々出てきますが、どのサイトでもデメリットとして「遅い」と言ってます。

これは技術的な問題なのでどうしようもありません。

広告の見方1:初期費用

WIMAXの広告の見方

主な注意点は月額料金と初期費用です。

初期費用はブロードワイマックスは無料と謳っていますが、他のプロバイダではそもそもそんなのがありません。

広告の見方2:月額料金

WIMAXの実質月額料金

月額料金も安いのは最初の2ヶ月だけとかです。

広告の見方3:キャッシュバック

キャッシュバックは11ヶ月後

キャッシュバック特典の付与時期にご解約となっていた場合は特典の適用外となりますのでご注意ください。
・キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

GMOとくとくBB注意事項

比較のポイント

プランはギガ放題で比較し、キャッシュバックだけに惑わされず、2ヶ月後から実際に請求される月額料金3年間の平均月額(総額)のふたつの項目で比較し判断してください。

おそらく、どのサイトを見回してもGMOBroad WiMAXのどちらかになっているともいます。

以上の点を踏まえ、僕が調べた結果、今現在最もお得なのはGMOとくとくBBの以下のキャンペーンでした。

3年間の平均月額(キャンペーン含め)

  • GMOとくとくBB:3265円
  • ブロードワイマックス:3572円

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です