WIMAX歴6年 WIMAX一本化のメリットとデメリット

WIMAX一本化ってメリットだらけ??

と気づいたのは6年前です。

きっかけは、ネット、スマホなどいつの間にか通信費が高くなっていたこと。

それと月末の容量不足のストレスです。

この2つを同時に解消してくれたのがWIMAXでした。

一本化するとき一番気がかりだったのが通信速度と安定性。

「WIMAXにして失敗したらど~しよ(;’∀’)」

とドキドキしたのを覚えています。でも、僕の場合はまったく問題なく、通信費も全体で10,000円以上節約できました。(‘∀’)

今回、通信環境をWIMAX一本して「OKなケース」「NGなケース」が分かる様にポイントをまとめました。

自分の環境に合っているどうか概要を掴んでください。通信環境の断捨離の参考になれば幸いです。



メリット・デメリット比較表

細かく書き出しました。

気づいてないモノがあるかもしれません。ご一読ください。

メリットデメリット
無制限(ほぼ)3日10GBの速度制限がある
一本化すれば大きな節約効果3年縛りで違約金もある(ない会社も)
外で使える充電の寿命が3年持つか?
引っ越しがらく携帯と比べエリアが狭い(エリア拡大中)
コード類・ルーター・モデムが不要充電しないといけない(固定回線と比べて)
周囲の人に使わせてあげれる外出時の荷物が増える
使ってないスマホがあれば使える外出時ルーターを忘れることがある
工事、立ち合い不要混雑時、遅い、切れる
手続きがらく更新毎にお得なキャンペーンを探すのが面倒
ネットですぐ契約できる口座引落対応の会社が少ない
未成年の契約は条件あり

デメリットの対策

以下の5つのデメリットについてまとめています。

  • 3日10GBの速度制限がある
  • 3年縛りで違約金もある(ない会社も)
  • 充電の寿命が3年持つか?
  • 混雑時、遅い、切れる
  • 口座引落対応の会社が少ない

最も注意すべき2つのポイント

WIMAXは、ほぼ無制限なので固定回線と比較されますが、比較の重要ポイントはこの2つです。

①通信品質

「遅い・切れる」では意味がありません。「通信品質」で確認すべきポイントは、

  1. 速度と安定性
  2. エリア内かどうか

この2つです。

ここは必ず、事前の無料お試しで自分の環境で確認してください。

②3日10GBの速度制限

良くも悪くも口コミが多い項目です。

 

3日10GBを気にしなくていい理由

速度制限自体は、そんなに気にする必要はありません。

動画視聴とギガの関係

WIMAXは3日で10GB使うと速度制限がかかり、その後1Mbps以上は出ません。

1Mbpsでも動画は見れますが、標準画質(SD)がなんとか見れる程度。

環境によっては、フリーズすることがあります。

これだけは避けたいですよね。

ただし、これはあまり気にしなくて良いです。

WIMAXを6年使っている僕も、あまり気になったことがないんです。

理由は、制限がかかる時間帯にあります。

3日で10GBを使うと、翌日の18時から翌2時までの時間に通信速度が最大1Mbpsまでに制限されます。

すぐじゃないです。かつ、8時間だけです。

我慢できるレベルではないでしょうか。

さらに、そもそも3日で10GBと言うと、かなりのデータ量です。

10GBで視聴可能な動画

  • SD(360/480p)=標準画質
    47時間で速度制限に到達
  • HD(720p/1080p)=高画質
    16時間以上視聴で速度制限
  • UHD(4K)=超高画質
    7時間以上で速度制限に到達

ほとんどの人が心配することはないと思います。

これでも足りないという人は、そもそも、WIMAXが向いてないかもしれません。

どんな人に向いてて、どんな人に向かないのか?

向いている人

ひかり回線に不満がある人。

下の口コミの人のように、固定回線よりもWIMAXの方が通信環境がい人もいます。

ひかり回線の口コミ

こういう人はWIMAX一本にした方がいいです。

出典:Twitter

スピードテストやってみよう

「スピードテスト google」で検索するとすぐ出てきます。今のスピードを計ってみてください。

現時点の通信品質を確認できます。

向いてない人

電波が届かないとこに住んでる人

WIMAXの電波が届かない場所に住んでいる、マンションに囲まれたとこに住んでいる。

住環境によっては、こんなことも。

ピンポイントエリア判定

ピンポイントエリア判定で、お住まいの地域がエリア内かどうかがわかります。

エリア外、圏外の場合は残念ながら、エリア改善要望を申請し気長に待つしかありません。

速度最優先の人

一瞬でもネットが切れると困る。許されないという人は固定(光)回線のままで。

  • 対戦型オンラインゲーム(FPS)をする
  • 株・FXなどのオンライン取引をする

高画質動画にこだわる人

ドラマ、映画をよく見る。

また、そんなに見ないけど高画質(4K・UHD)で見る人は固定(光)回線のままがいいでしょう。

ユーチューバー

ユーチューバーに限らずイラストや写真などファイルをアップロードする人。

ダウンロードの速度は早いんですが、アップロードは時間がかかるので固定(光)回線のままで。

無料お試しからやった方がいい人

WIMAXの利用が初めての方は基本、無料お試しをしてください。

家族世帯の人

子供にyoutubeを見せてる

大人と違い、動画が止まるとガマンできません。

住環境、使用端末によって通知品質が異なる為、無料お試しは必須です。

また、割引もあるので確認してください。

ひかり回線との割引
  • スマホがドコモなら、ドコモ光とのセット割り
  • スマホがソフトバンクならソフトバンク光とのセット割り
  • スマホがauならauひかりとのセット割り

WIMAXも以下のようなauとUQモバイルとのセット割引があります。

WIMAXのセット割り

二世帯家族

家に常に誰かいてネットが必要(高齢者の見守りの為など)という方。

また、部屋の間取りが多い方はお試し必須です。

WIMAX回線は障害物をよけるのが苦手です。

間取りが多い場合は、アクセスポイントになる付属品のクレードル(3500円前後)も試した方がいいので端末選びはにはご注意を。

お試しができるWIMAXプロバイダ

無料キャンセル期間があるプロバイダ
  • GMOとくとくBB20日以内解約金無料でキャンセル可能
    【条件】WIMAXのエリア判定で「✕」の人にしか適用されないので確認が必要です。
  • broadWIMAX:8日以内解約金無料でキャンセル可能
    こちらは、クーリングオフのような制度を使ったものです。
違約金がないプロバイダ

縛りなしWiFi:その名も「縛り無しWi-Fi」

無料お試しはありませんが、縛りがないので、違約金が無く解約しやすいと言えます。

無料レンタルができるプロバイダ

本家のUQWIMAXではTry WIMAXというレンタルサービスがあります。

一番確実にお試しが可能ですが注意点もあります。

即、契約していい人

「即」は、少し言い過ぎですが、エリア確認をして無料お試しをしてから問題なければ契約しましょう。

  • ネットサーフィン・LINEぐらいしか使わない
  • あまり動画見ない(僕がこれ)
  • 外出先でPCを使う(僕がこれ)
  • 一人暮らし
  • 既婚、子供なし(僕がこれ)

コスト最優先の人

安くて、ネットがサクサクでストレスなければOKという人(僕はこれ)

ミニマリスト

ミニマリストの方でWIMAX一本化している人は多いようです。

無駄をなくすという意味ではWIMAX一本化は、ドンピシャです。

料金の節約だけでなく、コード類やモデムやルーターなど物理的にも物が無くなるのでお部屋がスッキリします。

WIMAX一本化した前後の速度の変化

実効速度を比較

見てもらいたいのは、ベストエフォートではなく実効速度です。

実行速度
ベストエフォート 実効速度
auひかり 1Gbps 100mbps
WIMAX2+ 440Mbps

ひかりの220分のいち

30~50Mbps

ベストエフォートはあてにならない

ベストエフォートを見ると大きな差がありますが、実効速度になるとこの差が大きく縮まります。

WIMAX最新機種の口コミ

今現在(2020/4)の最新機種の速度です。WIMAXも40Mbpsと十分な速度が出ています。

今はWIMAXのアンテナも増えてます。端末も新しくなり僕がWIMAX一本化した頃より、はるかに速度が出ています。

出典:Twitter

 

使用環境による違い

WIMAXを使い続けて分かったことは、住環境とは別に、使っている端末のスペックと時間帯による影響もかなり大きいということです。

僕が使っている端末

スマホもPCもWi-Fiルーターも、現在発売されているスペックのモノであれば、十分な速度が出るはずです。

以下は、現在(2020年4月)僕が使っている端末です。ご参考まで。

  • WIMAXのルーター:W05(W06の前の機種)
  • スマホ:Android one S2
    RAM:2GB
  • PC:Dell Inspiron 13 5000シリーズ
    RAM:8.00GB(イラストレーターを入れているので)
    プロセッサ:Intel Core i5-7200U CPU @ 2.50GHz 2.70 GHz
RAM(処理能力)

「速度が出てるのに、遅く感じる」これは、スマホ・PCの処理能力(RAM)にのせいかもしれません。

RAMの数値は高ければ高いほどいいですが、スマホなら2GB。PCであれば4GBあれば問題ないはずです。

WIMAX一本化した前後の料金の変化

WIMAX一本化の最大のメリットは通信費の節約です。

月々13,000円節約

僕の場合、かなり大きく節約できました。その節約手順をご紹介します。

料金のビフォーアフター

一本化前一本化後
4000円
auひかり
3600円
WIMAX2+
1500円
auひかり電話
解約
10,000円(ドコモ)
僕のスマホ
3600円(Ymobaile)
8000円(ドコモ)
妻のスマホ
3000円(DMMモバイル)
合計:23,500円合計:10,200円
マイナス13,300円

毎月、13,300円の節約に!

まずはスマホプランを見直し

固定回線をWIMAXに代えて間もなく、ドコモの料金プランを見直し。

外出時でもWIMAXを携帯すればスマホのギガは不要になります。

なので、スマホのデータプランは一番安いプランにしました。

この見直しが一番節約効果が大きかったです。

これだけで5000円ぐらい浮きます。

固定電話を解約

ひかり(固定)電話を解約したのは、ミニマリスト(断捨離)的な思考です。

ほとんど使ってなかったので思い切って解約。

1500円の支払いが不要に。

格安スマホへ乗換え

ドコモの更新月。

14年続けたドコモを思い切って解約。

僕は仕事上電話をよくかけるので、ワイモバイルに。

理由は誰とでも定額(通話が誰とでも完全無料)があるから。

妻も更新月に、端末が安く手に入るキャンペーンを選んでDMMモバイルに乗換え(今は僕と同じワイモバイルで500円割引)。

これによって二人あわせて3000円ほど節約できました。

格安スマホで最も気がかりだったのは速度とキャリアメール。

@docomo.ne.jpが使えないことに抵抗がありましたが、これを機にキャリアメールを使わないよう決めました(キャリアメールはいずれ無くなるでしょう)。

今は、妻も私もLINEとGmailのみ(なんの不便もない)。

格安スマホも一番安いプランで、ネット通信はWIMAXでつなげています。

速度に特に不満はありません。

今ではワイモバイルの誰とでも定額のオプションも外しその分(1000円/月)浮いてます。

こうして徐々に、ネット代、携帯代、通信費を見直し、全体の大きな節約に成功しました。

他に良い手段はないのか??

他にもあるネット環境

ネット環境構築はWIMAX以外にもあります。ここには載せていませんが、外出時であればフリーWi-Fi(公共無線LAN)もあるし、最近では「どんなときもWiFi」などのクラウドWiFiという新しい技術もあります。

ネット環境構築手段の比較

 WIMAX2+スマホテザリング固定(光)回線ホームルーター
エリア/LAN宅内外/無線宅内外/無線宅内/有線宅内/無線
持出し
速度
安定性
速度制限無制限(3日で10GB)あり(プランによる)なし無制限(3日で10GB)
料金4000円0円(スマホ代だけ)4000円4000円

スマホテザリング(Wi-Fi)の特徴

  • スマホをWi-Fiルーター代わりにしてネット(PCなどで)ができる
  • オプション料金は不要
  • データ容量はスマホの分を使う
  • 使いすぎると速度制限がかかる

ホームルーターの特徴

  • モバイルルーターの逆がホームルーターです
  • 持ち出せるか、持ち出せないかが一番の違い
  • WIMAX以外ではソフトバンクのソフトバンクエアーが有名
  • 宅内専用になっている分、モバイルルーターと比べ宅内で繋がりやすい

固定(光)回線の特徴

  • 安定性、速度、通信品質で言えばどの手段よりもダントツに良い。
  • 当然、外では使えない

WIMAX2+の特徴

  • 無制限(3日10GB)
  • 外出時でも気にせずネットが使える

クラウドWi-Fiの特徴

格安スマホに似ています。

ドコモ・au・ソフトバンクの回線は拝借し通信サービスを提供。

まだ、色々問題点があるようで今後の技術の進化に期待といったとこです。

新規受付停止中

現在(2020/4)新型コロナによる在宅ワークの需要の高まりからサービス提供ができない状況にあるとのことです。

「今」最安値の調べ方

この記事でまとめていますので、ここでは少しご紹介します。

キャンペーンは落とし穴がたくさん

「WIMAX キャンペーン 比較」で検索すると、今現在どこのプロバイダが最もお得か、比較サイトがたくさん出てきます。

WIMAXは需要が高まっている為か、誇張された表現が多く、パッと見ただけでは落し穴にハマってしまいます。広告やランキングを見ても混乱するばかりです。

初期費用が「ある会社」「ない会社」

BroadWiMAXが無料と謳う「初期費用」ですが、そもそも他のプロバイダでは初期費用(事務手数料除く)自体がありません。

「実際の料金」と「実質の料金」??

月額料金が安いのは最初の2ヶ月だけです。

さらに、キャッシュバックを含めた料金なのか?除いた料金なのか?

本当に知りたいのは、実際の毎月の請求額がいくらなのかです。

キャッシュバックがもらえない!?

人気No1のGMOとくとくBBですが、キャッシュバックをめぐる苦情、悪い口コミが多くあります。

理由は、キャッシュバックがもらえるのが11ヶ月も先になること。

比較ポイント

  • ギガ放題で比較
  • 実際の料金を比較
  • 3年総額で比較

これらをもとに今回僕が調べた結果は、GMOとくとくBBのキャンペーンが一番最安値でしたが、もしかすると「今」現時点では変わってるかもしれません。

WIMAXの比較は結構、大変です。GMOとくとくBBだけでもキャンペーンが4つもありました。

以下のページで、比較した結果のランキングと、その方法をまとめていますのでぜひ参考にされてください。

では、今回は以上です!

B!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です