安い早いサービスが良い!格安スマホ主要23社!

 
安い早いサービスが良い格安スマホ23社




この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ【TRUE MAN 最大の資産は自分自身】の運営者 SIN です。 僕は35歳の時でした⇒詳しくはプロフィールを。
詳しいプロフィールはこちら

格安スマホ(SIM)23社の選定根拠

格安スマホの会社の数なんと817社!!

そもそもです。

そもそも論です。

そもそも、817社(2017年12月末時点)から選べってムリです。

なので、当サイトではしょっぱなから23社に絞ってます。

 

そもそも、このランキングや比較の大前提である会社選びを間違ったら、ランキングも何もかも信ぴょう性がなくなります。

 

ので。

僕が選んだ格安スマホ会社の選定根拠をここの宣誓します!

興味ある人は見てみて。

  1. 楽天
  2. IIJmio
  3. OCNモバイルONE
  4. mineo
  5. BIGLOBEモバイル
  6. UQモバイル
  7. イオンモバイル
  8. DMMmobile
  9. LINEモバイル
  10. BIC SIM
  11. NifMo
  12. nuroモバイル
  13. U-mobile
  14. Y!mobile
  15. J:COM MOBILE
  16. TONEモバイル
  17. DTI SIM
  18. b-mobile
  19. ワイヤレスゲート
  20. エキサイトモバイル
  21. LIBMO
  22. ヤマダニューモバイル
  23. BICモバイル

実は、格安スマホの会社って撤退してる会社が結構多いんです。

経営状況が悪いと設備投資が行えず、通信品質を維持できなくなり、つまりは通信速度やエリアにも影響が出てきます。

この23社は以下の項目において他社より優れています(情報元の信ぴょう性は確かですが、僕の見解であることをご了承ください)。

  • 通信品質(資金力があるので設備の増強が可能)
  • サービスの質
  • 価格競争力
  • 人気がある

会社選びの条件

選定基準で最も重視するのは

  • 安さ
  • 通信品質(エリア・速度)

さらに、その条件を具体的にしていくと以下のようになります。

会社選びの条件

  • 一次MVNO(通信品質が良いとされる)
  • 契約数3万件以上(総務省への報告義務がある)
  • 黒字経営の会社(赤字の会社も結構ある)
  • サブブランド(au、ソフトバンクの兄弟会社)
情報ソース

さらに、当サイトでは以下のふたつの情報をもとにサービス面も考慮し会社を選定しています。

調査概要

  • 調査期間:2018年2月16日~2月22日
  • 有効回答:44,541人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:15歳から69歳の男女
  • 設問数 :5問

調査全設問項目

  • あなたがメインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信事業者を教えて下さい。
  • あなたは格安SIMを知っていますか?
  • 利用している格安SIMを教えてください。
  • 前問で回答した格安SIMサービスの契約プランを教えてください。
  • メインで利用している格安SIMを挿している端末について教えて下さい。
2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査

2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査

MVNOの現状

MVNOの現状

業界のパワーバランス

以下は総務省が公表している資料です。

これを見ると、何となく格安スマホ業界のパワーバランスが垣間見えます。

  • MNO:自前のアンテナ持ってる会社(ドコモ、au、ソフトバンクなど)
  • MVNO(MVNE):MNOとMVNEの間に入ってMVNOのお手伝い
  • 1次MVNO:MNOから直接回線を借りてる格安スマホの会社
  • 2次MVNO:1次MVNOから回線を借りてる格安スマホの会社
  • 3次MVNO:2次MVNOから回線を借りてる格安スマホの会社
MVNO、MNO、MNVE違い

MVNO、MNO、MNVE違い

参照:MVNOに係る電気通信事業法及び電波法の適用関係に関するガイドラインの一部改正案 新旧対照表

この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ【TRUE MAN 最大の資産は自分自身】の運営者 SIN です。 僕は35歳の時でした⇒詳しくはプロフィールを。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© TRUEMAN 最大の資産は自分自身 , 2018 All Rights Reserved.