「心から望む本当にやりたいこと」が見つかる方法。これが見つかると悩みの【9割】が解決する。

   

今年のGWは篠栗の名所(Part 2)南蔵院は涅槃像だけじゃなかった!

 
南蔵院1

この記事を書いている人 - WRITER -


このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 基本テキトーでいつも面白いことを考えている。ビリーヤードが下手の横好き。一生懸命に生きるあなたの強い見方!

詳しいプロフィールはこちら

TRUE MAN

南蔵院は涅槃像だけじゃない!

TRUE MAN
近場だからこそ行ってない地元の観光スポットってないですか?私のばやいそれが南蔵院!テレビで見たことあるし知ってる知ってるって思ってたけど・・・
TRUE MAN
いやー!まさに百聞は一見にしかず!めっちゃよかったです。なんかアトラクションみたいで楽しい!南蔵院といえば有名なのが、なんと世界一(ブロンズ製で)の涅槃像!ですが・・・実はそれ以外にも色々あってとても面白い!

参考:wikipedia:涅槃仏

 

下の写真「日本昔話し」みたいでしょ。こんなスポットもあって、写真好きにはたまらないかも(ここは南天稲荷というスポット)。階段がきつかった・・・

南蔵院2

篠栗でお遍路

あまり知られてないみたいなのでちょっとご紹介。

四国が有名なお遍路ですが、実はここ篠栗でもお遍路の旅が出来るんです。

ちょっと調べてたんですが、「お遍路」ってけっこう全国にあるみたいですね。

篠栗のお遍路の総距離はおよそ50キロで「歩き遍路(車もあるらしい)」だと2泊3日。個人差があるようで人によっては3泊4日になることも。

けっこう身体はボロボロになるらしく、その分達成したときの感動は大きいらしい。イノシシとかサルも出るとか・・・

篠栗お遍路図

100kmwalk.com:http://100kmwalk.com/image/250810543.jpg

 

南蔵院の境内はアトラクションみたいだった!

TRUE MAN
楽しくて、あんまり写真ってないんですが、岩の洞窟を抜けて岩場を鎖をつたって上ったり、洞窟の中に神様が祭られてあったりと、とても楽しませてくれます。

 

吉田屋近くにあった食事処「吉田屋」さん。営業時間が16時までで「だご汁」食べようと思ったけど16時過ぎてた!この風合いがすごくいい。
南蔵院3最初に向かったのはこのデカイ不動明王!
南蔵院4不動明王の横にあったのがこのちっちゃい人たち。めっちゃいます。境内のあちらこちらにいてなんか色んな表情があって自分はこれがツボでした。
南蔵院5洞窟つくりの不動霊水
南蔵院6不動霊水窟の中!
南蔵院7ここは不動の滝。この岩場の上までいくとちっさな橋があって奥に進むとよじ登るような洞窟になっています。そこを鎖をつたって上っていくとテッペンに。
南蔵院8ここはたぶん大師堂というところ、ここにもちっさい人たちが!全部、現代人の名前が書いてあります。
南蔵院9このお地蔵様はなんだったかなー。
南蔵院10またまた登場!今度はめっちゃ真剣な顔で一円玉を大事に持ってました!調べてみたら。五百羅漢と言って、全て表情が違うんですが必ずどれかひとつ自分にそっくりな像があるというやつらしーです。

 

涅槃像はやっぱデカかった!!

さすが世界最大!

南蔵院11

足もデカイ!

足の裏にも回れます。なんか色々書いてある・・・

南蔵院12

 

涅槃像の体内はすごいところ!

TRUE MAN
涅槃像の中は撮影NGだったので写真はありませんが、500円で札を買い祈願ができます。また、体内には仏舎利(お釈迦さまの遺骨)が公開してあります(すげー)。さらに内部の通路にはお遍路の八十八箇所の札所番号が刻まれた石だたみがあって一歩一歩進み、手を合わせながら通ると八十八ヶ所すべてをお参りしたことになるとのこと。とにかくすごい所ってことです。

 

俵投げ!見事命中!!

そして体内を抜けた出口では「俵投げ」というゲームができます。

そこでなんと!娘が見事命中!!

TRUE MAN
ダーツみたいなゲームで、写真にある羽のついたヤツを奥にあるちっさな箱めがけて投げます。真ん中の箱は確か「大大吉」でそのほかは「吉」だったような・・・

 

俵投げ

画像出典:forTravel:http://4travel.jp/travelogue/10870289

 

娘は、ど真ん中の「大大吉」にっ!!周囲の人もびっくりで私たちもびっくり、何より本人が一番びっくりしてました。ははは^^

自分の武勇伝を記録に残そうと写真におさめる娘。あやかりたいですね^^

俵投げ2

そして、非売品のコレをもらいました!

俵投げ1

 

いやーなんかいろいろ楽しめましたー^^

そして、どこか神秘性を感じる篠栗巡り(九大の森&南蔵院)でした^^

南蔵院13

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です