「心から望む本当にやりたいこと」が見つかる方法。これが見つかると悩みの【9割】が解決する。

      2017/07/19

優先すべきは「できること」「やりたいこと」どっち?

 
child-2054256_1280

この記事を書いている人 - WRITER -


このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 基本テキトーでいつも面白いことを考えている。ビリーヤードが下手の横好き。一生懸命に生きるあなたの強い見方!

詳しいプロフィールはこちら

TRUE MAN

私の意見は迷うことなく「やりたいこと」です。

やりたいことを見つける専門家なので当然ではあります。^^

しかし、絶対それが正解とも言いません。今回は私の実体験を基にしたお話です。

ひとつの参考にしてください。

 

まずは「やりたいこと」から

個人で、かつ一人で起業をする際。

特に最初の段階では間違いなく「やりたいこと」に全てのエネルギーを注力するべきだと思います。

「できるから」という理由でいろいろやっていたら、結局どれも中途半端になることは私が経験済みです。

 

かつてのわたしは「ザ・器用貧乏!」「キングオブ器用貧乏!」「オブザイヤー器用貧乏」・・・

このぐらいにしておきましょう。

 

つまり、なんでもある程度出来ちゃう人。でした。

でも、人並み程度

勤めていたときは「よ!ゼネラリスト!」なんて言われて上手に使われていました。^^;

重宝はされますが、だいたいいつも、おいしい所をお持って行くのは「スペシャリスト」の人。^^;

ゼネラリスト(ジェネラリスト)

広範囲にわたる知識を持つ人のこと。企業においては総合職を指すことが多い。wikipedia

しかし、起業してからは考え方を変えなければいけません。

特に、個人起業家のスタート時においては自分のエネルギーが最も高くなるもの。

そこに注力すべきだと思うのです。

 

わたしは今に到るまで、いろんなことに手を出してきました。

  • プリンタ事業
  • 資産運用セミナー
  • 物流事業
  • iphoneカバー
  • VRゴーグル・・・たぶん他にもあったと思います・・・^^;

ある程度ならできてしまうので「チャンス到来!」って思うと手を出してしまうのです・・・

これ、自慢のように聞こえるかもしれませんが、この落とし穴にはまった私は抜け出すまでに本当に苦労しました。

お金も長くは続きませんし・・・

 

「できること」は多くてもいいが・・・

実はわたし、最近肩書きを変えました。

「やりたいことを見つける専門家!」にしたのですが、これは、わたしが本当にやりたいことに専念しようと思ったからです。

他にできることもありますが、一旦それらは削りました。

 

このブログ開設当初は(と言っても最近ですが)「コンテンツプロデューサー」なんてカッコウのイイ肩書きを、まるでオーダースーツを羽織るかのように名乗っていました。(バサッ!す・・・。)

man-2290591_1280

そして、サービスメニューも「USP発掘創造コンサルティング」なんて大袈裟なネーミングをつけておりました。^^;

そのほかにも、プロフィールには持ってる資格をあるだけ書きつらねていたり、メニューは他にもたくさん作ってたり・・・

 

 

これ自体、別に悪いことではないと思います。

できることが多いのはいい事ですし、ビジネス上ではある程度着飾ることも必要です。

ただ、私の場合は改めて自分のプロフィール・肩書き・サービスメニューを見たときこう思ったんです・・・

「なんか全力で自分を守ってるな~」と。

 

どういうことかと言うと・・・

「私はこの専門家です!」と、ひとつに絞ることで・・・

選ばれる範囲が狭くなのではないか?

選ばれる確立が低くなるのではないか?

 

であれば「私は、あれもこれもできますよ!」

という情報発信の仕方の方が選ばれる確立が上がるのではないか?

そんな臆病な自分が見えちゃったんです。

suit-673697_1280

そんな、覚悟のない自分。

自分を全力で守ろうとしている自分に気づいて、改めて自分が何をしたいか?

そして、自分が世の中に与えたいと思っている最も価値のあるものは何か?

これを考えました。

私の場合、既に明確になっているので再確認程度でしたが、それが明確であっても、こうやってブレることはあるんだな。と、いろんな気づきがありました。

 

こうやって、気をつけておかないと知らないうちに「思い込み」は出来上がってしまう。

これも分かっていたことですけど改めて認識です。

 

なので、一度あなたも自分に自問してみください。できることを優先する「心理」心の理由を。

 

成長に合わせ変わっていく

「まずは何でもいいので、できることからやりましょう。」という考えもあります。

それも全く間違いじゃないと思います。

しかし、全員が全員。それで前に進めないこともあるということです。

もし、

「できること」からやってみても違和感が残る場合は「やりたいこと」が何か?

を自問してみてください。

そして、小さなことでもいいので「やりたいこと」を行動に起こしてみてください。

 

「やりたいこと」というのは成長に合わせて変わっていきます。

なぜなら、成長すると「できること」が増えるからです。

それに合わせて「やりたいこと」も大きなものに変わっていきます。

そのときは、あなた自身も大きく変化(成長)しています。

 

SNSの代表格であるフェイスブックも最初はハーバード大学の中でのみ、かつメールアドレスを持っている人しか参加できませんでした。下の画像は2004年の創業当時のデザインです。

Facebook-Screenshot-2004

NAVERまとめ:https://matome.naver.jp/odai/2136871248379263001

 

2008年にスマートフォンが登場し「できること」も増え、巨大メディアとして成長し有料広告も出すようになりました。今、彼らのやりたいことは間違いなく2004年当時とは違い、大きなものに成長しているはずです。

 

「できるから」という理由で、いろんなことをするのは間違いじゃないのですが、まずは一番エネルギーが高まるものをカタチにして、フェイスブックのように徐々に広める。この意識が大事ではないかと思います。

 

「できること」と「やりたいこと」のどちらを優先すべきか?

私は「やりたいこと派」ですが、もしかすると人によっては「できること」かもしれません。

答えを出すのはあなたです。

ヒントは、あなたのエネルギーが最も高くなるものは何か?そこが明確になると「今」優先すべきものが見えてくると思います。

 

今回は以上です!

読んでくれてどうもでした!^^

最後のちょっとお知らせ。^^

「やりたいこと」は「できること」をしていたら見つかることもあるし、見つからないこともあります。

もし、「できること」はあるけど「やりたいこと」が不明確で・・・と言う方はこのE-bookが役に立つかもしれません。

一度手にしてみてね!⇒【やりたいことが見つかる!カタチになる!最強の自分になるための46の質問と4つのワーク

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です