投資初心者はなぜNISA口座の納税方法を「特定口座・源泉徴収なし」にした方がいいのか?

 
なぜ?源泉徴収なし




この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!
詳しいプロフィールはこちら

源泉徴収「あり・なし」どっちがいいかは年間の利益次第

この話の対象者は投資初心者の方です。

こちらの楽天証券の口座開設手順の動画内では、「特定口座の源泉徴収なし」を選択するようご案内しています。これには、以下のような前提条件があります。

  • 投資初心者の方がNISA口座を使ってこれから投資を始める。
  • 年間の投資元本はNISAの上限、120万円まで。
  • 投資初心者なので、最初から大きな金額の投資はしないだろう。
  • ということは、年間で20万円を超える利益が出ることはないのでは?

以下の話も、こうした前提での話であることをご了承ください。

でも何でNISAは非課税なのに税金の話をしているの?

そもそも、NISA口座は非課税なので確定申告をする必要はありません。なのに、なぜ神経質になっているのかというと。

それは、せっかく非課税であるNISA口座を使って投資をして儲かっても、なぜか税金を取られてしまうということが起きてしまうんです。

でも、「特定口座の源泉徴収なし」にしておくと、それを回避できます。

年間の利益が20万円以上あるかないか?がポイント

非課税であるNISA口座なのに税金がとられてしまう条件は、以下のふたつです。

  1. 「特定口座の源泉徴収あり」を選択している。
  2. 投資で利益が出たが20万円以下だった。

この条件に当てはまると、NISA口座であっても税金がとられるんです。もう少し詳しく説明すると・・・

  1. 「特定口座の源泉徴収あり」は、証券会社が投資家に代わって税金の申告、納税ををしてくれるというシステムです。
  2. 投資で得た利益が年間20万円を越えなければ税金を払わなくてもいい(確定申告しなくていい)という20万円ルールがある。

このシステムとルールが、NISAを使っている投資家からすると、

「え?何でそうなるの?」

という矛盾を起こします。上記の1と2がこう解釈されるのです。

「年間の投資利益が20万円を越えなければ(20万円以下なでも)税金払わなくていいんですが、「特定口座の源泉徴収あり」を選択している人は、NISAを使ってる人でも、私たち(証券会社)が、みなさん(投資家)に代わってキチンと税金を申告し納税までしちゃいますね」

と解釈され、余計なお世話をしてしまうんです。

利益が出てなければ変更できる

ここまでよろしいでしょうか?

ここまでを簡単にまとめると・・・

NISA口座を使っても、「特定口座の源泉徴収あり」を選択した人で、年間の投資利益が20万円以下なら、20%の税金が、つまり最大4万円の税金が天引きされるので注意が必要です。それを回避するには、「特定口座の源泉徴収なし」を選択し、自分で確定申告をすることです。

投資初心者の場合、「年間の投資利益が20万円以下だった」ということは少なくないのでは?

という私の主観も入っていますが、これが投資初心者が、なぜNISA口座の納税方法を「・源泉徴収なし」にした方がいいのか?の理由です。

この理由を踏まえ、

「いや、自分は初心者だけど、がっつり投資するつもりでいます!NISAの投資額の上限120万円を超すことはないですが、年間の利益は20万円以上を狙っています!」

という方は、「特定口座の源泉徴収あり」でもいいと思います。仕組さえ理解してもらえれば、どっちがいいかは人それぞれです(*^-^*)

ただ、投資初心者の多くは経験が少ない為、そのあたりの判断も難しいと思います。そういった方は、まず申込の時点では、いったん「特定口座の源泉徴収なし」にしておいていいと思います。

なぜなら、今決めなくても、「特定口座の源泉徴収なし」にしておけば、売却益が出るまでは、「なし」から「あり」への変更は可能だからです(「特定口座の源泉徴収あり」を選択した場合はこの変更が出来ません)。

でも、

「覚えておく自信ないな~(^^;」

という方は「特定口座の源泉徴収あり」でいいかもしれません。その時は、最大4万円の税金が天引きされるのを、

「ま、いいか!」

と受け入れるか、

「頑張って20万円以上の儲けを出すぞー!」

と発奮材料にしてもらえばいいでしょう(*^-^*)

最後に:ここも気を付けて!

以上が、「特定口座の源泉徴収なし」を選ぶ理由です。

もちろん、最終的には皆さんでご判断くださいね。

また、もしNISAの年間投資額の120万円を超えそうだな~。と言う方や、投資以外のきっかけや理由で確定申告を行う予定のある方は、ほかにも注意点があります。

所得が増えると、児童手当や国民健康保険料、配偶者控除、それから子供の保育園代などに影響がありますよね?

このあたり、「ちょっと気になる!」と言う方はこちらもご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© TRUEMAN 最大の資産は自分自身 , 2017 All Rights Reserved.