2018/07/01

投資信託はリスクとリターンを選べる!?

 
投資信託のリスクとリターンの関係




この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!
詳しいプロフィールはこちら

このページは、「世界一わかりやすく簡単な投資信託の選び方講座」で紹介している「動画①投資信託のリスクとリターンの関係」解説ページです。

投資信託のリスクは自分で選べる。

投資信託のリスクとリターンの関係

投資信託は、ローリスク・ローリターン/ハイリスク・ハイリターン/ミドルリスク・ミドルリターンなど、様々な商品があり、リスクも自分で選ぶことができる商品です。

ちなみに、リスクを理解しなくても投資信託は選べます。投資信託選びはそれほど単純です。

ただ、どんなリスクがあるか?がわかると、世の中のお金の動きを理解できます。世の中でお金の動きを理解しておくと、投資信託を見直したり、買い替えたりするときの判断基準になるということです。

投資信託の誕生は産業革命時代

投資信託のリスクとリターンの関係
投資信託の誕生は19世紀イギリスの産業革命と言われています。

世界初の株式会社と言われるイギリス東インド会社という貿易を行う会社がありました。この会社に出資すると儲かるということで、一部の富裕層から始まった投資でしたが、もっと広く資金を集めるために小口で一般市民からも資金を集めるようになったのが始まりと言われています。

諸説あるようですが、経済活動を行う為の資金需要が背景にあり、その基本的な仕組は今も昔も変わっていないようです。歴史を知るということは、それがどうやって出来上がったのか?という根本を知ることができ、一気に理解が深まります。ちなみに当時の投資信託の中身は、ほぼ債券でした。

公的年金ももはや金融商品、投資信託みたになっている

投資信託のリスクとリターンの関係

「投資なんてしたことない」と思っている人、実は年金を通して、ほぼすべての日本国民が間接的に投資をしています。というか、年金制度自体が今や金融商品、投資信託そのものです。

大学の資産も投資信託の仕組で運用されている

投資信託のリスクとリターンの関係

年金だけでなく、大学も資産運用をしています。そして、なんと年率18%以上のパフォーマンスを18年もの間たたき出している大学もあるんです。

なんか、銀行に預けているのって本当に意味が薄れてきてます。銀行も今や預金より、投資信託の販売に力入れてますもんね。

この記事を書いている人 - WRITER -
このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 ビリーヤードが下手の横好き。いつも面白いことを考えているが、実は内に秘める熱い情熱の持ち主。一生懸命に生きるあなたの強い見方!
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TRUEMAN 最大の資産は自分自身 , 2018 All Rights Reserved.