「心から望む本当にやりたいこと」が見つかる方法。これが見つかると悩みの【9割】が解決する。

      2017/06/09

長谷部葉子先生への手紙

 
adult-2242164_1280

この記事を書いている人 - WRITER -


このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 基本テキトーでいつも面白いことを考えている。ビリーヤードが下手の横好き。一生懸命に生きるあなたの強い見方!

詳しいプロフィールはこちら

TRUE MAN

私の告白

みなさん、お元気ですか?TRUE MANです!

 

早速本題ですが、今回わたし【告白】しました!

 

ある人に【想い】を伝えたんです!
片思いですが・・・

 

結果なんてどうでもいいんです。

ただ、せめて【想い】だけでも伝えたかった。それができて十分満足です・・・

 

あ。

 

今、恋バナを期待しませんでした?

【想い】を伝えたことに間違いないですが、「好きです!」の告白ではないので、恋バナを期待した人はすみません。笑^^;

 

さて、そのお相手は?

 

みなさん長谷部葉子さんという方ご存知ですか?慶應義塾大学環境情報学部准教授をしている方です。

 

 

長谷部先生はとってもステキな活動しています。大学の特別授業で「自分をカタチにする」という授業を行っているんです。

 

 

で、長谷部先生が書いた本で、そのままですが『「自分」をカタチにする授業』
という本があります。

 

この内容がすばらしい!!

 

私がこの本と出合ったのは、みなさんにダウンロードしてもらったE-bookを作り終わるころだったんですが、それをリリースする段階で、

 

本当にこれでいいのかな・・・?
こんなんで誰か見てくれるのかな・・・?

 

そもそも「やりたいことを見つける専門家」。それで食っていこうなんて無謀すぎるんじゃないか・・・?

 

など、リリース直前で、不安が少しずつ大きくなっていました。

 

でも、この本のおかげで自分がやろうとしていることに自信と確信。

そして、勇気をもらいました。

 

 

その感謝の想いをどーーーーーしても伝えたくて、E-bookを添えて昨日、一方的に送りつけたんです。笑^^

今回はその【想い】を伝えた告白文を皆さんに恥を忍んで曝け出そうと思い記事を書いています。

 

「そんな事をわざわざ?」

と思う人もいるかもしれません。ただ、私にとってはとても勇気のいる行動だったんです。

 

迷惑に思われないか?

ひんしゅくを買わないか?

「こんなの送って何のつもり?」と思われないか?

やっぱり送らない方がいい。

いや、別に送っても送らなくても一緒やろ。

 

など、臆病者の私は色々考えてしまいます。

でも、そんな自分を変える方法は、「行動」しかありません。

自己啓発のセミナーや本を買って頭で理解をしても、日常生活に戻れば、結局、多くの人が「変わらない」という行動を選択します。

 

自分を変えたければ、いつもと違う選択基準。いつもと違う行動をするしかない。そう思っての行動でもありました。

 

 

さて、以下が先生に送った告白文です。^^

自分を変えたい!と思っている人には、きっと参考になると思います。ぜひ読んでみてくださいね!

【長谷部葉子先生への手紙】

長谷部先生はじめまして、急なお便り失礼します。

 

私は、先生の本「自分をカタチにする授業」の読者で、塩山真人(しおやま まさと)と申します。

 

急に、こんなものを送りつけて、驚かせていたらすみません。

 

なぜ、私がこんなものを送りつけたのか?立派な理由は特にないのですが、「ありがとう」という想いを伝えたかったからです。

 

もう少し具体的に、私の「人生初の告白」を例に説明します(何のこっちゃと思わずもう少し読んでください!)。

 

私は中学 3 年生の頃、好きな女の子に人生初の告白をしました。

 

「告白するぞ」と心に決めてからその日まで、日が近づくにつれドキドキが高まり、もうそれ以外のこと を考えられなくなっていました。

 

当日は、友達に協力してもらい場をセッティングしてもらいました。

 

場所は校門を出て少し歩いた下りの 坂道、普通の道端です。

 

 

すでに緊張は今までに味わったことがないほど高まっていました。

 

みんなを巻き込んで、ここまで来て今さら逃げ出すことはできません。

 

女子側にも協力してもらっていた ので「やっぱりやめた!」なんてカッコ悪いことは、とても言えません。

 

 

鼓動は高まり、緊張は最高潮に達しています。

 

いつしか、結果がどうとか、そういったことは頭から無くなっていました。

 

とにかく告白する!想いを伝える!それだけです。理由も結果もどうでもよくなっていました。

 

そして、その瞬間がきます。

 

 

学校の帰り道。私は坂の上の方に、女の子は坂の途中あたりにいました。

 

相手の女の子も緊張し、お互い距離を寄せることもできず少し離れています。

 

野次馬も集まっていて普通に考えると、とても恥ずかしくて告白なんてできる状況ではありません。

 

でも、そんなことはもう頭の中にありません。 とにかく想いを伝えること。それしか頭にありません。

 

結果なんて考える余裕もなく、どうでもよくなっていました。 伝えることさえできれば・・・

 

 

そして、少し離れた遠くの女の子に声が届くように、叫ぶように・・・

 

 

「・・・・・っ!!!」

 

 

その瞬間のことはあまり覚えていませんが、その後の記憶は残っています。

 

告白した後は、200 メートルを全力疾走したかのようでした。

 

身体は緊張で汗びっしょり、強張って震える手足の力をどうしても緩めることもできません。

 

ただの告白なのに、全エネルギーを使い果たしました。

 

でも、私は大きな達成感と満足感で満ち溢れていました。

 

 

なぜ、こんな話しを長々としたのかと言うと。 今年 40 歳になった私は、つい昨年まで告白した時のような勇気を持てず、常に自分を守り、殻を作り、や りたいことが分からず、何かに情熱を燃やしたいのにそれが分からず、長い間ずっと苦しい思いをしてい ました。

 

 

そして今は、かつての私のように、やりたいことがわからず苦しむ人をサポートしたい!という想いで「や りたいことを見つける専門家」としての活動をしています。

 

 

その最初の仕事として、同封の E-book を作りました。 この E-book には私の約 20 年分の想いが込められています。

 

 

そして、先生の本を読んだとき。ものすごく感動したんです。

 

同じ考えの人がいたということ。

 

自分の考えは間違っていなかったということ。

 

そして、それを実践している人がいたということ。

 

勇気が持てました。

 

自分がやろうとしていることが、認められたように感じたのです。

 

本を手にしたのは必然のように感じました。

 

 

だから、どうしても先生にこの E-book を見て欲しかったのです。

 

私は約 20 年間、やりたいことがわからず、自分にウソをつきながら生きてきました。 とても苦しかったです。 そして、やりたいことを見つけるために、いろんな自己啓発セミナーや同様の合宿に参加し、数百万円を 費やしてきました。 「失敗したな」と後悔したこともあります。

 

 

でも、行動を続けてきた結果、やりたいことを見つける上でとても大事なことに気づきました。それは、 私が中学 3 年生の時にやった「告白」と同じもの。 やりたいことを見つけ、それをカタチにし実現させるには、告白と同じように勇気を持って自分の意志で、 ありのままの自分を相手に伝えることが必要です。 なぜなら、本当にやりたいことを見つけるには、「本来の自分」になる必要があるから。

 

 

そのためには、自分の心に正直に、枠を超え、結果を恐れず前に進む。 理屈ではない、そういった事が大事なんだと気づかされました。

 

 

今回は、先生の本のおかげで自分のやろうとしていることに確信が持てました。 これは、私にとって、ものすごく大きな価値です。

 

 

その感謝の気持をどうしても伝えたくて、こんなものを送りつけています。 想いを伝えるという意味ではある意味ラブレターかもしれません。^^

 

 

私の活動はまだ始まったばかりです。 どうなるかは分かりませんが、人が変化する瞬間に携われると思うとワクワクします。 そんな想いで取組んでいます。

 

 

もしかすると相談に伺うかもしれません。そのとき忙しくなければ相手してやってください!^^

 

 

読んでもらいありがとうございました!

 

最後に

長谷部先生へ

最後にこの場を借りて。

勝手に記事にしておりますが^^;

これは先生への尊敬の想いがあふれ出た結果の行動なので、暖かい目で見てやってくれると嬉しいです。

もし、文章中の表現など問題ありましたらお気軽にご連絡ください。 塩山 真人

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です