「心から望む本当にやりたいこと」が見つかる方法。これが見つかると悩みの【9割】が解決する。

      2017/07/19

行動力のある人は何を基準にしているのか?

 
飛び込め!

この記事を書いている人 - WRITER -


このブログ『最大の資産は自分自身』の運営者で、やりたいことを見つけカタチにする専門家。「自分になる」専門家。のTRUE MAN。 基本テキトーでいつも面白いことを考えている。ビリーヤードが下手の横好き。一生懸命に生きるあなたの強い見方!

詳しいプロフィールはこちら

TRUE MAN

行動力のある人は基準を持っています。

 

軸はブレている

行動力がある人は、明確な判断基準を持っています。

ただ、基準があるから躊躇しない、悩まないかというとそうでもありません。

下手すると、他の人たちより悩み、躊躇している

軸があり、ぶれません。

そして、「行動力のある人」が嫌うのが”居心地の良さ”です。

その居心地の良さに浸かっていませんか?

あなたは今の居心地の良さに浸かっていませんか?

常に無難な選択をしていませんか?

”居心地の良さ”は行動をしない理由のNo1の理由なんです。

ゴルゴ松本さんの”漢字”の授業を知ってますか?

”漢字”の授業の中でゴルゴさんはこんなことを言っています。

「苦」「困」「災」これに「難」を付けると「苦難」「困難」「災難」これらがない人生、それは「無難」な人生。でも、そんな人生の人は1人としていない。

それらがある人生「有難」。これは「ありがたい」になる。

 

そして、Google先生によると、「無難」の意味はこうです。

これと言った特色はないが、

格別非難されるような点もないこと。

平凡でまずまず無事といったものであること。

私もかつて、この「無難」を好み、現状維持を好み、その居心地のよさに浸かっていました。

楽なんです。「無難」って。

ただ、あるとき気づきました。「難」がないと人は変化、成長するきっかけを掴めないということに。

もし今、この記事を読んで、あなたの心がざわついたなら行動を起こしてください。

今すぐ。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です